2020年04月05日

Vol.647 クローズアップサザンでメンバーについて語ってた。

「クローズアップサザン」という音楽番組を見ていたら

メンバー紹介のところで

桑田さんたちがメンバーを語ってました。



ドラムの松田弘さん。

彼が一番幸せなときって、サザンをやってるときと枝豆とビール飲んで巨人見てるとき。

サザンは弘から始まる。

ご神体 “弘” から始まる。

「弘、頼む」っていうのが僕の中にあるんですよ。



イレギュラーメンバー。パーカッションの野沢秀行さん。

野沢 「40年間、考えていたことがある。

パーカッション要らないよね、このバンドにね」

観客 「いるよー」



「パーカッション必要ですか?」っていい言葉だな。

待ってました!って思ったんだけど。

毛ガニ(野沢)がいなくてもね、音楽作れるんですよ。(小声で)

だけどね、サザンがね、味気なくなっちゃうの。



キーボードの天ぷら屋の娘、原由子ちゃんでございまーす。

「還暦を過ぎてバンドやってるおばさんはほんとに珍しい存在になっちゃいましたけど、

サザンが続く限りは頑張りたいと思います」


松田 「コーラスワークにしてもコードワークにしても全部補ってやってるから

ホントに裏バンじゃないけど」

――裏バンドリーダー?

「そうそうそうそうそう」



桑田 「やっぱり一番あの、プロフェッショナルだと思う。

ミス・ブランニュー・デイとか東京VICTORYとか、

たとえばね、いわゆるチェレスタの音、カウンターで鳴るメロディーですよね。

ああいうものでサウンド全体と化ボーカルを輝かせる、

彼女のアイディア、技術が無かったら

サザンのヒットはなかっただろうなーという」



次の方を紹介しましょう。

えーっと、関口どこ行ったんだ。わかんないよお前は。

40年間、彼から話しかけられたことないよ。



原由子 「いつも優しくて無口ですけど、いざというときには頼りになるっていうか。

お兄さん的な存在ですね、私にとっては」


桑田 「楽器って性格がでるから、んー? みたいなときがあるんですよね。

なんて弾いたんだ? みたいなときがあるんですけど。

関口すごいことをやってるんですよね。

ぶっこんでくるフレーズとか・・・

ベースプレイヤーとしてのセンスとか、あれは異常」




関口和之さん(ベース)

「僕の人生、幸せです。そして欠かせない人がもう一人。僕から紹介させてください」



原由子 「いろんなことがなんか彼の中でミックスされて、

彼の音楽として出てくるっていう

その過程を見てて、ほんとにすごい人なんだなって改めて思うようになりました」




関口 「どんどん出てくるので、あぁこの人の才能はすごいって。枯れない泉ですよね」


日本音楽界の至宝だと思います。桑田佳祐!



桑田 「司法取引」


関口 「ちがうちがう」




普段、桑田夫妻ばかりが目立っているけど、

バンドのメンバーが紹介されてて親近感が沸きました! ♪〜(^.^)

 

YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCfreyGeujcpQpg42LSwSJzQ

TS-Zone: https://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/


posted by 谷飛沫 at 23:49 | Comment(0) | 音楽の話 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年04月04日

Vol.646 加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ

うー幸せ、そんな歯の浮くような言葉でも俺には、今では何だったのかも思い出せないんだ。

はっ。


ダウンタウンなう 本音でハシゴ酒で志村さんの追悼番組やっていた。

5年前に放送されたもののようだ。


個人的にはドリフ(8時だよ全員集合)もそうだけど、加トちゃんケンちゃんごきげんテレビってのに思い入れがある。

年表で紹介してたけど、
わずか1年しかなかったんだなー。

全員集合が終わった後すぐに始まった番組だ。

ヴィヴァルディの「春」で爽やかにお目覚めしてたのがすごく印象的だった。


ちなみに、冒頭の歌詞はこの番組のテーマ曲。カッコ良かった。誰が歌ってるのか全く知らなかったけど、今だったらネットがあるから調べられる。

と言うわけで早速調べてみた。



柳ジョージさんの『タイト・ロープ』という曲らしい。






これこれ!

いまだに歌詞覚えてて時々口ずさんでたよ。



うー幸せ、そんな歯の浮くような言葉でも俺には〜 ♪〜(^.^)




YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCfreyGeujcpQpg42LSwSJzQ

TS-Zone: https://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/


posted by 谷飛沫 at 17:38 | Comment(0) | 音楽の話 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年04月02日

Vol.645 リンク切れのアドレスがいっぱい

久々にサイトの更新をした。

以前、リンク切れチェッカー(https://www.dead-link-checker.com/ja/)というツールで調べてみたら

リンク切れのアドレスがいっぱいあったので、

今日は一個一個見ていった。


TM-BOXが閉鎖してるのでそこにリンクしてる曲はダメだった。

「アサシン」「水の都へ」「猫がそこにいた」の3曲。




それと、OKMusicからも1曲。


サイトの楽曲情報で、OKMusicの「勝利の女神」のリンクを間違えてたようだ。

OKMusicはもう無いからSoundCloudにリンクしておこう。

ちなみにライナーノーツは “ こちら

(はっ、こっちのアドレスも間違えてるw)




勝利の女神
https://soundcloud.com/ryucho-tanimoto/goddess-of-victory






厳密にいえば、OKMにリンクしている曲は全滅なんだけど、

自動的にOKMのトップに行くようになってるから、リンク切れではないようだ。

数が少なかったら、SoundCloudにリンクを貼り変えてもいいけど、

40曲くらいあるから、さすがに面倒だ。

それに、SoundCloudもいつなくなるかわからないし。




あと、以前、サイトのアドレスを全部英語化したんだけど、

そのときに、リンクを貼り直し忘れてたのを見つけたので

それも直した。



好きな作曲家のサイトにリンクを貼ってるけど、

そこのアドレスが変わってたら、どれが変わってるのか一目見ただけではわからないので、

これはもうあきらめよう。

とりあえず一つ、スピッツの公式サイトだけはわかったから直した。♪〜(^.^)




YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCfreyGeujcpQpg42LSwSJzQ

TS-Zone: https://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/



タグ:勝利の女神
posted by 谷飛沫 at 23:37 | Comment(0) | 制作ノート | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年03月28日

Vol.644 100日後に死ぬワニ

100日後に死ぬワニというのが流行ってるらしい。

100日後に死ぬって知らずにのほほんと生きてるっていうコンセプトがおもしろいな。


死ぬ前に一度見ておけばよかった。



どこかでまとめて見れないのかな。



あった!

(まとめ)日めくり漫画「100日後に死ぬワニ」【更新終了】 (1/10)
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1912/29/news029.html



たしかに、100日後に生きてる保証なんてどこにもないんだよな。

特に今、新型コロナウイルスが流行ってるから

10日後さえどうなるかわからない。





先日、映画 『永遠の0』 を観ていたら、

「どうせ、この戦争で自分たちは生き残ることはできません! もし自分が被弾したら潔く自爆させてください!」

というセリフがあった。


どうやって生き延びるか、ではなく、どういう死に方をするか。

その死生観に心を打たれた。

どうせ生き残れないなら、腹を括って何か大きなことを成し遂げてから死のう。人の役に立って死のう。



現代も同じかも。

新型コロナウイルスが蔓延しているからというわけではないが、

どうせいつか死ぬのなら、自分の命を使って、後世の役に立つようなものを残したい。



沈みゆく船で全員を助けようとして一人も助けられなかったというのではなく、

助けたい人を優先的にどんどん助けていくようなイメージで。


やりたかったことをどんどんやっていこう。 ♪〜(^.^)

 

<昨日やったこと>
・作曲(b268)


YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCfreyGeujcpQpg42LSwSJzQ

TS-Zone: https://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/



posted by 谷飛沫 at 10:36 | Comment(0) | 日記 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年03月25日

Vol.643 1本のドラマに民放なら30曲、NHKになると70曲。(岩代太郎さん)

飛車角さんが、岩代太郎さんの楽曲を耳コピされていました。


岩代太郎 - Her Most Beautiful Smile | hishaism




るろうに剣心のサントラにある曲だそうです。

なんだか心落ち着きます。


岩代太郎さんいいですよね〜。


好きな作曲家一覧」にも書いてある通り、大好きな作曲家さんの一人です。^^


岩代さんと言えば、大河ドラマ 『葵 徳川三代』。



01 Time of Destiny Extended Version「NHK大河ドラマ・葵 徳川三代」音楽作品集〜タイム・トゥ・タイム




るろうに剣心は見たことがないけど、

『葵 徳川三代』 は津川雅彦と西田敏行さんのかけあいがおもしろくてよく見てました。




最近で言えば、三国志を題材にした映画『レッドクリフ』も岩代さんが手掛けたそうです。




岩代さんの記事がどこかにあったなと思って探してみた。

あった。かなり古い記事だけど。

「作曲家というのは生産効率が悪いんですよ。
1本のドラマに民放なら30曲、NHKになると70曲を書き上げます。しかも一晩徹夜して2ページぐらいの楽譜を書いても、演奏するとほんの数秒で終わってしまう」



1本のドラマで70曲も書くとは凄まじいな。

そういえば、以前、吉俣良さんも24〜25曲は作るって書いてあったなぁ。



「ピアノを使って作曲していると、自分の弾けない曲は書けないことになる。ですから僕は、頭の中で音楽を鳴らすんです。作曲用の大きなドラフターを立てておいて、自分も立ったまま書き込んでいく。行き詰まったら最初からまた頭の中で演奏やり直す。森繁(久弥)先生に教わった十念です。これを繰り返すと、オタマジャクシの濃淡まで見えてくることがある。でも、知らない人が僕の姿を見たら気持ち悪がるでしょうね。難しい顔をしながら一晩中、腕を振っているんですから…」



岩代さんは製図用のドラフターで立って作曲されてた。
学生時代に芸大の裏庭で拾ってきたらしい。

作曲家では一般的なことなのかな? ♪〜(^.^)

 

<昨日やったこと>
・TVでkayumaiさんの歌声が聴けました。すごいな〜!

(明日3/26はEテレ 15:25-15:30の予定だそうです)



YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCfreyGeujcpQpg42LSwSJzQ

TS-Zone: https://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/

 


■関連記事
Vol.558 吉俣良さんのインタビュー記事
http://taniwasabi.seesaa.net/article/458288409.html



posted by 谷飛沫 at 21:56 | Comment(0) | 音楽の話 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク