2018年01月18日

Vol.550 永遠に残る曲とは

とある本を読んでいたら、

 ある一つの芸術作品が永遠性を持つというのは、すでに作られたものが、ある個人的観念を離れてしまって、無始の太元から存在していて、今後無限に存在するとしか思えないような特質をもっていることを意味する。芸術における永遠とは感覚であって、時間ではない。(高村光太郎「美について」)

(中略)

1 夢殿の救世観音像はだれかが作ったという感じを失ってしまって、まるで天地とともにすでにあったような感じがする。そして天地とともに悠久であるように思われる。これはこの彫刻の永遠性をもつことを証明する。



とあった。


そういえば、先週、X JAPANのYOSHIKIさんが「ダウンタウンなう 本音でハシゴ酒」で、「毎年アルバムを出す必要はない。10年20年かかってもいいから永遠に残る曲を1曲でも作りたい」みたいなことをおっしゃってて、いいこというなぁと思った。




永遠というのは誰が作ったとかそういうのを超えて

あたかも昔からあったかのような感覚のものかもしれない。


そういう作品を生きているうちに1曲でも作りたい。




というわけで、本年もよろしくお願いいたします。 ♪〜(^.^)


TS-Zone: https://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/

 
posted by 谷飛沫 at 23:16 | Comment(0) | 音楽の話 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年12月20日

Vol.549 小柳ルミ子さんの全盛期ってこんなに歌がうまかったのか

平尾昌晃さんの訃報をきっかけに

小柳ルミ子さんのシングルコレクションを聴いてみました。

改めて聞くと小柳ルミ子さんの全盛期ってこんなに歌がうまかったのかという印象です。

そういえば、まともに今まで聴いたことがなかったなぁ。

計43曲もあったけど、どれも素敵な曲でした。


平尾さんだけじゃなくいろんな方が曲を書いてるのでいろいろ楽しめます。^^



平尾昌晃さん「わたしの城下町」

小柳ルミ子さんのデビュー曲。

いや、すごいな。平尾節。

お城は平尾さんが療養生活をしていた岡谷市の隣、諏訪市にある高島城。

別名「諏訪の浮城」です。




2曲目もいいなぁ。

鰻屋さんに行きたくなる。

(鰻屋さんは演歌がかかっているイメージ)


3曲目もいいなぁ。

春を感じる。春が待ち遠しくなる歌だ。



4曲目は有名な「瀬戸の花嫁」

生歌は何度か聞いたことがあるけど、

CDで聴くとやっぱりいい曲。声も若いし。


バックで流れている楽器が気になったので調べてみたら、

コンガのグリッサンド奏法(ムースコール-moose call-)のようです。


参考:
How I do the Moose Call on the Conga Drums - Glissando Lesson
https://www.youtube.com/watch?v=2ndBcvNX-BU

コンガ・ムースコール
https://www.youtube.com/watch?v=PAxOKIFAurU

これだ!

SC-8850にもあるかな?





5曲目もすごいなぁ。

小柳ルミ子さんの良さを最大限に引き出してる。



13曲目もいいなぁ。「冬の駅」

脱皮をはかった曲らしい。

作曲は加瀬邦彦さん。

作詞はなかにし礼さん。

編曲は今までと同じ森岡賢一郎さん。




2枚目は14曲目の「お久しぶりね」がいい。

この曲のサビってこんなにゴージャスだったっけ。

うとうとしながら聴いていたけど、サビで飛び起きた。

サビの前のCメロもいいなぁ。

Bメロからそのままサビに行けるんだけど、

もう一つさらに展開する感じで。



作曲は杉本真人さん。



お久しぶりね/小柳ルミ子
https://www.youtube.com/watch?v=ZY6GKe9QkOg







わたしの城下町I 小柳ルミ子さん


一瞬だけ平尾さんも映ってる。いい表情。 ♪〜(^.^)




TS-Zone: https://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/




■関連記事
170725 「Vol.524 平尾昌晃さんの訃報を聞いて





 
posted by 谷飛沫 at 03:33 | Comment(0) | 音楽の話 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年12月16日

Vol.548 ユーミンの「ひこうき雲」

最近、チューリッヒのCMがやたらと多いなぁ。

なんでチューリッヒばかりこんなに宣伝してるんだろう?

不思議。


伊藤淳史さんによく似た人が出てくる。

全ての番組のスポンサーしてるんじゃないかってくらい頻繁に顔を出してくる。



録画でCMカットしてるのに全然カットできないし。

こっちでチューリッヒ。

あっちでもチューリッヒ。


終わったと思ったらまた別の番組でチューリッヒ。


録画を停止してTVを付けたら、そこでもチューリッヒ。


さすがにこれはおかしい。



あと、インディードのCMもやたらと目にする。


CMカットでも気にしない。


バイト探しはインディード♪



替え歌のCMはたいていダメだなぁ。


作曲の必要がないから安易に作ってしまうんだろうな。





さて、映画 『風立ちぬ』 をやっと観終った。

夜、お酒を飲みながら寝る前に少しずつ見ていった。


けっこう退屈な映画だったけど、評判はいいのかな?


エンディングで、

ユーミンの「ひこうき雲」を初めてフルで聴いた。

いいなぁ。

サビは何度も耳にしてたからサビに来たとき、来た来た!ってなった。



歌を聴いていると、

あれ、これほんとにユーミン?

と思ってエンディングロールでクレジットを確認してみたら、

荒井由実と書いてあった。


あれ? なんで松任谷由実じゃないんだろう。


と思ったら、なんと40年以上も前の曲だったようだ。

どうりで、声が若い感じだった。

この映画のための新曲だとずっと思ってたよ。



YouTubeで探してみた。

ひこうき雲 - 荒井由実(松任谷由実)



 
歌うまいな。誰だろう?




ひこうき雲  YUMING 82
https://youtu.be/reB7iImH3kU


ご本人の動画もあった!

デビュー曲だったのか。 ♪〜(^.^)

 

<昨日やったこと>
・作曲(b228)


TS-Zone: https://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/






タグ:松任谷由実
posted by 谷飛沫 at 23:30 | Comment(0) | 音楽の話 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年12月14日

Vol.547 シェネルは myspace で発掘された

今日はシェネルのアルバム 『Believe』 を聴いてました。

「大きな栗の木の下で」みたいなフレーズが出てきたけど、
メロディーちょっと変えてて妙に気持ち悪いw
(「フォール・イン・ラヴ」)



もともとシェネルに興味を持ったのは、

「Destiny」という曲をたまたまテレビで見てから。





シェネル(Che'Nelle) - Destiny
https://youtu.be/qlitDSXd7zY


この歌はかっこよかったけど、

このアルバムには入ってなかった。残念。



シェネルってマレーシア人だったのか。

ライナーノーツを読むと、

自らのデモ楽曲を公開していたインターネット・サイト myspace を通じて、ニューヨークの名物DJでありプロデューサーのサー・チャールズ・ディクソンに発掘される。すぐさまパースに飛んだチャールズは、世界でデビューさせたいとシェネルとその家族を説得。シェネルのデモ音源はアメリカのメジャー・レーベルであるヴァージン・レコーズに持ちこまれ、その才能に惚れ込んだレーベルは契約を即座にオファーする。そこから、たった2日間でヴァージンとの契約が結ばれ、シェネルはニューヨークに渡る。




こういうことあるんだな。

とりあえず、 myspace というのに登録してみよう。

そういえば、ツイッターでも以前誰かが言ってたな。

音楽やるなら myspace に登録しないと・・・って。



シェネル - Destiny 発売中!【TBS系 金曜ドラマ『リバース』主題歌】6/14 New Album 発売



やっぱりこの歌がダントツでいいな。 ♪〜(^.^)

 

<昨日やったこと>
・「スペイン」の打ち込みなど。


TS-Zone: https://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/

 
posted by 谷飛沫 at 00:54 | Comment(0) | 音楽の話 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年12月07日

Vol.546 倉木麻衣さん、サプライズすぎて目の前にいながら見逃した!

えっ、倉木麻衣さん来てたのか。同じ会場にいたのに全く気が付かなかった。見たかったぁぁぁ。サプライズすぎるだろ。

そういえば、もう終わりかと思って帰ってる途中で「渡月橋 〜君 想ふ〜」が流れてたからBGMかと思ってたけど、本人の生歌だったのか。あと10分くらいその場にいればよかった。



【イベントレポート】倉木麻衣、15年ぶり『京都学生祭典』出演「とても素敵な時間でした」
https://www.barks.jp/news/?id=1000147661



でもまさか本人が来るとは思わないよな。バーンと看板が出てたらわかるけど、サプライズだとこういうこともあるんだなぁ。 ♪〜(^.^)

 

<昨日やったこと>
・iPhoneの動画整理しながら作曲。


TS-Zone: https://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/



■関連記事
170703 「Vol.516 2017年ミュージックデイ 第1部

 
タグ:倉木麻衣
posted by 谷飛沫 at 23:57 | Comment(0) | 音楽の話 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク