2017年05月23日

Vol.503 久々にフォルクローレ

先日、クイズ番組Qさまを見ていたら、葉加瀬太郎さんが解説していた。

・民俗音楽 -フォーク
・民族音楽 -エスニック


なるほど、そういう違いがあるのか。

というわけで、最近フォルクローレのアルバムを聴いています。


ライナーノーツを読むと、フォルクローレについて簡単に解説している。

 南米のフォルクローレは大まかに分けて、アンデスの音楽(インカ)に根ざしているものとスペインの流れをくむものとに大別されます。


 アンデスの葦笛ケーナは深い響きを持っています。あの独特の音色、音のゆれは他の管楽器や笛では絶対に真似ができないものです。
 このCDにはウニャ・ラモスとアントニオ・パントーハのケーナ演奏がたくさん収録されています。ウニャ・ラモスはその素晴らしいテクニックとセンスでフォルクローレの洗練を聴かせ、アントニオ・パントーハは素朴な技術ながらもフォルクローレの真の心を聴かせてくれます。



2曲目の「灰色の瞳」がいいなぁ。ウニャ・ラモス。

以前もこのブログで書いたことがあるけど。


時間のある時に耳コピしてみようかな。



5曲目の「アイマラ族のお祭り」もいいなぁ。

楽しいお祭りの雰囲気が伝わってくる。

こちらはアントニオ・パントーハ。



6曲目「忘却の種子」と10曲目「風とケーナのロマンス」の中盤部と12曲目「グアダルキビール」はボリビアの代表的なリズム「タキラリ」。

ボリビアはペルーの右下にある国。



7曲目の「カルナバル」も特徴的な曲。

6/8拍子によるボリビアの激しいリズム。

カーニバルっぽい。


あっ、カーニバルなのかな(笑)



9曲目の「太陽の乙女たち」

ペルーの古典的な名曲の一つ。

演奏しているアントニオ・パントーハはペルー出身だそうだ。



10曲目の「風のケーナのロマンス」

導入部のゆっくりとしたメロディーで風とケーナが対話し、タキラリの部分に入ると風がケーナの中に吹き込んでゆき、最後の早いリズム、ワイノで二者が結ばれるという構成になっています。


タキラリの部分は短いけど印象的。

このアルバムで一番好きな部分かも。


今、クレオフーガで和のコンテストをやっているけど、

こういうイメージで作ってみたいなぁ、と思いながらずっと聴いている。

一言でいえば、江戸を舞台にしたRPGのBGM。


最後のワイノで二人は結ばれてハッピーエンド♪




11曲目は「谷間のカーニバル」

アバロス兄弟の作曲によるカルナバリート。

カルナバリートは男女が輪になって踊る陽気な舞曲。

調べてみたら、カルナバリートは小さなカルナバルだそうだ。

ワイニョ(ワイノ)に起源を持っているらしい。



12曲目は「グアダルキビール」

こういう曲もよく日本で耳にするなぁ。

親しみやすいメロディーのなじみのある曲。タキラリ。

歌っているのはパントーハの娘マルタ・イネス。

ちょっとインドっぽい歌声。




13曲目「コージャ族のクエカ」

パントーハが作ったクエカをウニャ・ラモスが演奏している。



14曲目「コージャ族のお祭り」

ブラマヨの小杉さんがヒーハーと叫んでるところをつい想像してしまう。



しまった。12時半までに書いてしまおうと思ったのにこんな時間だ。 ♪〜(^.^)



TS-Zone: http://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/



■関連記事
140701 「ロス・インカスのコンドルは飛んで行く

151114 「フォルクローレ 「灰色の瞳」




 
 
posted by 谷飛沫 at 01:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の話 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年05月20日

ホテルニューアワジのCMって誰が作ってるんだろう?

クレオフーガでいま、未来のサムライミュージシャンズ発掘コンテストというのが開催されている。

だいぶ出揃ってきたので聴き始めた。


中にはすごい作品もあって、(harryfaokiさんの「日本の心」とか)
間違いなく採用されるだろうなぁ。


とりあえず読書しながら 「和の心」 部門を順番に聴いている。

https://creofuga.net/contests/samurai/entry_list/jp



途中でウトウトしかけたが、

とある応募曲を聴いてたら、ホテルニューアワジのCMを思い出した。


誰が作ってるんだろう?




ホテル ニューアワジ CM






調べてみたら西浦達雄さんという方らしい。

長寿CMソング「ホテルニューアワジ」制作秘話 声の主・西浦達雄に聞く
https://thepage.jp/osaka/detail/20160907-00000001-wordleafv

「この曲、最初は演歌歌手の方が歌う予定だったんです。けど、制作費の関係でそれができなくなって。そしたらデモテープを聴いて『これでいこうやないか』という話になり...実は、今みなさんが耳にされているあのフレーズは、デモテープなんですよ」と語った。



え・・・デモテープだったのか。衝撃! ♪〜(^.^)

 

TS-Zone: http://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/



■関連サイト
「ホテルニューアワジ」CMソング

 
posted by 谷飛沫 at 14:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の話 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年05月10日

501個目のエントリー

今気づいたんだけど、

エントリー数が500いってました。

ここまで続けてこられて感謝です!


これが501個目のエントリー。

今後ともよろしくお願いいたします(^o^)丿



さて昨日、

クレオフーガのサイトがリニューアルしてました。 (→ https://creofuga.net/

コンテスト中は新着が3つずつ、終了のものは受賞曲が3つずつ表示されてます。

スッキリしてるな。



サービスコンセプトも変更してる。

「音楽共有サービス」

→ 音楽コンテストサービスCREOFUGA[クレオフーガ]



同時に、新しいコンテストが発表されてる!

未来のサムライミュージシャンズ発掘コンテスト
https://creofuga.net/contests/samurai



わっ、審査員に石田ごうきさんが・・・!
昨日、本を買ったところだ。
なんという偶然。


なんか以前にもこういうことあったな。

たまたま本を読んでいたらコンテストが発表されて、その著者が審査員という。



それにしても、5/28までか。



時間が厳しいかな...!!


ちょうど「和」の依頼を受けてたからうまく絡めればいいんだけど ♪〜(^.^)

 

<昨日やったこと>
・OKMusicに 「北京の風」 をアップ。


TS-Zone: http://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/



■関連記事
161002 「新時代のアーティスト発掘育成プロジェクト「ラフ・ダイアモンド」の投票が始まった

 
posted by 谷飛沫 at 03:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | クレオフーガの話題 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年05月04日

音楽フェス、そしてブックオフ20%引きセール

今日は8,336歩か、意外と少ないな……。


久々に音楽フェスに行ってきました。

昨年よりだいぶ規模が小さくなって

ちょっと寂しい感じでした。



ライブハウスが無くなったのが痛いなぁ。


それにしてもこの時期って服装選びが難しい。

寒いかと思ったら暑いし、暑いと思ったら寒い。

結局荷物になるけどいろいろ持って行ってて正解でした。



音楽フェスが21時には終わったので

帰りにブックオフへ。

珍しく20%引きセールをやってました。



以前はよく半額セールをやってたけど、

最近ではほとんど見かけないので貴重だ。



適当にぶらぶらと物色していると、

尾崎豊 Forget Me Not」 という本が目に留まった。


パラパラと読んでみると、ハウンドドッグの大友康平さんのインタビューが載ってて、

ちなみに事務所の先輩として、彼のファースト・アルバムには僕も1曲だけ参加しています。「ハイスクール Rock 'n' Roll」というアップテンポな曲で、敏腕プロデューサーの須藤晃さんに「サビのとこだけハモってくらないか」と頼まれてスタジオに出向き、言われるままにコーラスだけして帰ってきた。



店内で、「えー?!」と2回くらい叫んでしまった。(゚O゚;

衝撃的!


思わず、衝動買いしてしまった。 ♪〜(^.^)



TS-Zone: http://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/



■関連記事
160504 「久々に音楽フェス

posted by 谷飛沫 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の話 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年05月03日

水木しげる展に行ってみた

水木しげる展に行ってきました。

水木サンの本はほとんど読んでいるほどのファンなので

これは行かねば!と背中を押されました。



コンテンツはとても充実していて、

よくこれだけ集めたなぁと感心することしきりでした。


ほとんど読んでると思っていたけど、

知らない作品もたくさんありました。


時系列順に展示されていて、まずは

子どものころの通知表が展示されてました。

見てみると、図画だけが1年生を除いてずっと10(10段階評価の最上位)でした。

子どものころから絵が得意だったようです。


そういえば、天才少年現るって話題になっていたと自伝に書いてありました。

ライバルは山下清だったかな。

子どものころに描いた絵も展示されていて、たしかに子供が描いたとは思えない上手さ。



愛読書の 「ゲーテとの対話」 も展示されていました!

けっこうボロボロで、これを見るだけでも価値があるかも。

多分実際に戦地に持って行ったもの。

「それから、どの詩の下にも、いつ作ったかという日付を書いておくことだね」 なぜそれが大切なのか、私はもの問いたげな目つきで彼の方を見た。「そうしておけば、それがまた同時に君の心の状態の日記として役立つことになる。これは馬鹿にならないことなのだ。私は何年も前からそうしてきているから、その重要さがよくわかっているのだ。」


赤鉛筆で線が引いてあった。

横にあったB7サイズくらいの英語の辞書もボロボロで、使い込んでるナーと思いました。



再現された居間には腐ったバナナが大量にあった!
腐りかけのバナナを安く買ってくる生活の知恵。

奥さまのお話によると台湾バナナだそうです。


家計簿も展示されてて、お金が入ってきたと思ったらすぐに出て行って全然貯まらない様子が想像できました。(字は水木サンの字とは違うから奥さまの字なのかな?)


200冊のスクラップブックのある仕事場も再現してました。

スクラップブックが趣味だとは聞いていたけど、実際に目にすると

いやはや圧巻!



実は行く前は迷ってたんだけど、行ってよかった!!😃



■関連記事
130827 「クレオフーガでアレンジ曲「ゲゲゲの鬼太郎」をリリース!

151130 「水木しげるさんが逝ってしまわれた

160305 「水木しげるの「幸福の7カ条」

160909 「ツェルターの作曲法

 
タグ:水木しげる
posted by 谷飛沫 at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク