スポンサーリンク

2017年07月30日

Vol.528 はなわの「お義父さん」





ワイドナショーを見ていたらはなわさんが出てきて13年ぶりの新曲を披露してくれました。








↑YouTubeではさわりしかないけど、ストーリー仕立てなので、ほんとは最初から聴いてほしい。




はなわの奥さん、有吉ゼミとかでよく見るけど(3人の息子が柔道やってます)、

明るい天然ボケのお母さんという感じなのに

けっこう壮絶な生い立ちだったんだなぁ。



冷やし中華をフーフーして食べるってところで思わず笑ってしまった。

あと、息子に気合を入れるために坊主頭をパチンっと叩いたら知らないおじさんだったり。

(あの奥さんだったらあるかもw)


奥さんは、はなわさんの中学の時の初恋の人で、生徒手帳に写真を入れてたってエピソードとか素敵。

ところがだんだん話がシリアスに。




生まれてすぐに父親がいなくなって、大変な生活だったそうです。

教科書も買えなくて隣のクラスに借りに行ってたとか。

お姉さんがグレて不良のたまり場だったとか。



でも、娘さんはこんなにいい子に育ちました。


「お義父さん」がいてくれたから娘さんがこの世にいる

「お義父さん」の遺伝のおかげで明るい天然を持ってて、毎日笑顔でいられる

という感謝。


お義父さんは捨てたことをずっと後悔しているだろう。

娘さんはお義父さんの悪口を言ったことがない。

でも、酔っぱらったときだけは、「父がいなかったから頑張れる」と言う。

とても苦労したけど、そういうのもすべて赦すからお酒を一緒に飲みましょう。

もしよかったら、孫を見に来ませんか?




そういうメッセージがとても伝わってきた。


奥さんうれしいだろうなー。

こんな歌作ってもらって。




そして、この話には後日談があって、

この曲を発表する一週間前に、

お義父さんがガンになったから娘に会いたいといってきたそうです。

すごいタイミング。


奥さんは最初は断ったけど、

はなわさんの歌を聴いて会う気になったそうです。


こういうことってあるんですね〜。


やっぱり音楽の力ってすごいな ♪〜(^.^)

 

<昨日やったこと>
・作曲(piano87)


TS-Zone: http://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/

 
タグ:はなわ
posted by 谷飛沫 at 20:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の話 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年07月29日

Vol.527 ドラクエ11が発売された!

今日はドラクエ11の発売日。


据え置き機としては2004年のドラクエ8以来、実に13年ぶりだそうだ。



これを機にPS4を買うか。

それとも3DS? あるいは2DS? 

(3DSや2DSだとドット絵も楽しめるらしい)


PS4にもいろいろ種類があるらしい。

1TBとか500GBとかハイエンドとか。

(ちなみにPS4はメモリーカードがないらしい)


ちょっと待ってスイッチという手もある。

スイッチだと、携帯もできてTVにもつなげられるらしい。

迷う。。。



昨日、ドラクエの生放送(『ドラゴンクエストXI』 発売前夜! カウントダウン生放送)を見ていたら、

けっこう8の評判が良かった。



ドラクエは7までしかやってないから、そろそろ8を買おうかな。


今日、ブックオフに行ってみたら、

ドラクエ8が250円で売られていた。

思わず衝動買いしそうになった。


まずは先にPS2を手に入れねば。



一昨日、ツイッターを見ていたら、

ドラクエ5の「哀愁物語」の話題が。













Amazonを見てみると、新しいアルバムが出てて

交響組曲「ドラゴンクエストV」天空の花嫁



そちらには「哀愁物語」が収録されているらしい。


欲しくなってきた!(゚∀゚)




ツイッターを見てると、今日発売されたばかりなのに、

もうバトルの曲をアレンジしてる人もいるし。

おそろしい世の中だ。



ドラクエ11、早い人はどれくれいでクリアするんだろう? ♪〜(^.^)

 

<一昨日やったこと>
・やっとすべてのページのバックアップとURL英語化が終わった〜 http://ts-zone.jimdo.com/ #Jimdo


TS-Zone: http://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/

 







 
posted by 谷飛沫 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の話 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年07月27日

Vol.526 小林麻央さんのブログ読破しましたー!

先月亡くなられた小林麻央さんのブログ読破しましたー


(今まであんまり使いこなせてなかったタブレットが役に立ちました。

古い記事から順番に読んでいって、読み終わったら下にスワイプすれば次の記事が出てきます)



1か月くらいかけて少しずつ読んでいきました。


日々弱っていく中でも周りに感謝しながら

少しでも食べられるように工夫をしたりして諦めずに生き延びようとするところに胸を打たれました。

コメントとかを読むと、また会いにきました!って書いてる人も多くて、

こうやってブログに書くことで、いつまでもファンの人の心の中で生き続けられるんだなーと感じました。

ブログがある限り、いつでもそこに行けば会える、みたいな。

すばらしいですね。



ユーモアセンスもあって温かいブログ。
中でもやっぱりこの記事が好き。


隠し撮り(17/5/17)
https://ameblo.jp/maokobayashi0721/entry-12275546847.html


あとこれも好き。


6月1日(17/6/1)
https://ameblo.jp/maokobayashi0721/entry-12279919582.html


カンカンかわいい〜 ♪




せっかくなのでテレビでやってた追悼番組も見てみました。

海老蔵さんが麻央さんに贈った言葉が心に残りました。



「死んでから何年生きるかが勝負」



言われてみれば、モーツァルトとかいまだに生きてるもんなー。深いなー。

がんばって人の心に残るようないい作品を作ろう〜。




ところで、麻央さんのアメンバー記事を読むためにアメブロに登録したんだけど、

自動的にアメーバのブログが作成されたみたい。


何か書いてみようかなー。


このブログ(たにわさび)とどう使い分けるかなー。思案のしどころ。♪〜(^.^)

 

TS-Zone: http://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/



■関連記事
170624 「Vol.511 限りある命をどう使うか

170625 「Vol.512 小林麻央さんのブログを読み進める



■関連ブログ
小林麻央オフィシャルブログ「KOKORO.」
https://ameblo.jp/maokobayashi0721/

小林麻耶オフィシャルブログ「まや 日記」Powered by Ameba
https://ameblo.jp/kobayashi-maya/

ABKAI 市川海老蔵オフィシャルブログ Powered by Ameba
https://ameblo.jp/ebizo-ichikawa/

 
タグ:小林麻央
posted by 谷飛沫 at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年07月26日

Vol.525 Qさまを見てたらつぼ湯が





Qさまはちょっと片付けしたりしながら見るのにぴったり。

いつも1.5倍速の早送りで見ている。

脳トレにぴったりの番組。



書類整理しながら画面を見た瞬間、パッとつぼ湯の湯舟が映って、


あっ、ここは!!!


ってなったのだ。










和歌山県の湯の峰温泉にあるつぼ湯。


風呂の壁に貼ってあるてぐぬいを見たら「世界遺産登録記念」って書いてあった。


だいぶ前に行った記憶だけど、

そんなに前に世界遺産登録されてたのか。



夏の暑い日だったなぁ。

汗だくになりながら坂を上って、


ざぶんと入るとめちゃめちゃ気持ちよかったのを覚えている。


色が七色に変わるとかで、

私が行ったときは緑っぽい感じだったかな。

しばらくしたら薄い水色になったような。


テレビでは二人しか入れないくらいって言ってたけど、

まさに二人しか入れないくらいです(笑)




次に登場した島根の温泉津温泉にも行ってるなぁ。

ここは行ったかなーって思いながらテレビを見てたけど、


独特の読み方で思い出した。


温泉津温泉(ゆのつおんせん)って読むのだ。


古めかしい感じの湯治場だった。

体に効きそうだ。

名前も確か「泉薬湯」と「薬師湯」だったような気がする。




書類整理してたら一昨日に探してた歌詞カードが出てきた。

懐かしいなぁ。


プリントアウトしてるってことは、パソコンにデータが入ってるはずなんだけど、

やっぱり前の前のパソコンかなぁ・・・


一昨日、映画(「結婚に一番近くて遠い女」)を観ながらこっちのパソコンで検索かけてみたけど出てこなかった。


ワードだったら全部コンバートしてるはずなんだけどなぁ。



「結婚に一番近くて遠い女」は

気軽に観始めたけど意外とハートウォーミングな映画だった。 ♪〜(^.^)

 

TS-Zone: http://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/



 
タグ:Qさま B040 Forever
posted by 谷飛沫 at 02:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 制作ノート | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年07月25日

Vol.524 平尾昌晃さんの訃報を聞いて

あぁ、平尾昌晃さんがお亡くなりに。。。

大好きな作曲家さんの一人だったなぁ。

ご冥福をお祈りいたします。



平尾昌晃さんといえば、「よこはま・たそがれ」 と 「銀河鉄道999」。


演歌とアニメの主題歌を作る人が同じだと知ったときは衝撃的だったなぁ。








アニメはあんまり見た記憶がないんだけど、この歌は好きでよく聴いてたなぁ。



「よこはま・たそがれ」は五木ひろしさんの歌の中でも特に好きな曲の一つ。

よくバイクに乗ってるときに発声練習的に歌ってます。

何回聴いても何回歌っても飽きないな。




平尾昌晃さんは1968年、30歳の時に結核にかかり、岡谷市で1年間の療養生活を送りました。

この療養期間が作曲家としての活動の原点だそうで

その時から作る曲調が変わったといいます。


看護師さんたちが「私たちを思い出してふるさとを描くような、

そういう曲を書いてほしい」と言ってくれたのがずっと耳に残っていたそうです。

いい曲をかいてみんなに喜んでもらおうと。

しかもふるさとをいつも頭に描きながら書いていこうと思って

心の中で約束したそうです。



そうやって生まれたのが「よこはま・たそがれ」、

そして小柳ルミ子さんに提供した 「わたしの城下町」 や 「瀬戸の花嫁」 などです。

ちなみにこのお城は岡谷市の隣、諏訪市のお城だそうです。


それからはヒットを連発し、黄金期を迎えられました。







平尾さんはシンガーソングライターの先駆けだったそうです。


平尾昌晃ミュージックスクールというのも開いたりして、

そこでは松田聖子さんや倖田來未さんも生徒さんだったようです。


憧れますね。\(^o^)/




世界一受けたい授業のテーマソングや必殺仕事人も平尾昌晃さんだったのか。

それは知らなかった。(゚O゚;




人は誰でも幸せ探す旅人のようなもの〜 ♪〜(^.^)

 

<昨日やったこと>
・TS-Zoneのバックアップ、URLの英語化がほぼ終わった。


TS-Zone: http://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/



■関連記事
平尾昌晃さん死去…『瀬戸の花嫁』の小柳ルミ子「あまりにもショック」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170723-00000037-sanspo-ent

五木ひろし、平尾昌晃さんに感謝いっぱい「世に送り出してくださった」
http://www.iza.ne.jp/kiji/entertainments/news/170723/ent17072308340004-n1.html

 
posted by 谷飛沫 at 02:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の話 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク