スポンサーリンク

2017年09月27日

Vol.535 ボリビアのフォルクローレ


いま、「アンデスのフォルクローレ (ボリビアン・フォルクローレ)」 というCDを聴きながら読書している。

「ザ・ワールド・ルーツ・ミュージック・ライブラリー」の30番目だ。



演奏は、ルス・デル・アンデというバンド。

陽気な曲や哀愁のある曲などが多い。


[5] 3つのバイレシート -バイレシート-
(a)ポトシーの空の下で(M.ヌニェス)
(b)プラドにて(伝承曲)
(c)一粒の涙(A.ルイス)

ボリビアのソシアル・ダンス、バイレシートは三つの違った曲がメドレー風に演奏されることが慣習になっています。古都スークレのスタイルで、チャランゴとギターが繊細なコロニアル風な雰囲気をかもしだします。




曲を聴きながら、古都スークレとはどんなところか気になったので調べてみた。


建物を建てると白く塗ることが義務付けられている都市!?ボリビアに佇む古都スクレ - wondertrip
https://wondertrip.jp/history/53909.html


スペイン統治時代の街並みが美しい古都。

白い壁と赤い屋根のコントラストが美しい。



ちなみに、コロニアル風とは、植民地様式のこと。

コロニアル様式
https://kotobank.jp/word/%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%83%AB%E6%A7%98%E5%BC%8F-66997



1809年5月25日に、ボリビア初の独立運動「チュキサカ(スクレ)革命」が起こる。
これが後のアメリカ州全体を独立運動へと導く起爆剤となった。

首都の名前スクレは、初代大統領の名前からとったもの。

その後、政治的中枢機関がラパスに移されたことで都市開発が行われることがなく、
この白い壁と赤い屋根の美しい街並みが残される結果となった。


音楽と一緒に歴史も学べる。



ボリビア風のコンドルは飛んでいくはかなりゆったりとしたアレンジで
心地よく眠ってしまう。



11曲目の「待ち宵」って曲が好き。
ルス・デル・アンデのチャランゴ奏者A.ペレスが、
サンタ・クルス地方のリズム形式タキラリをもとにモダンな感覚で作った1曲。


このアルバムから1曲耳コピをするならこの曲かな。 ♪〜(^.^)




TS-Zone: http://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/








posted by 谷飛沫 at 23:30 | Comment(0) | 音楽の話 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年09月22日

Vol.534 安室奈美恵さんが引退を表明

安室奈美恵さんが引退を表明しました。


こちらは10年前に語った記事。

30歳の安室奈美恵がAERAに語った「どん底」と「カッコイイ安室奈美恵」〈AERA〉
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170921-00000078-sasahi-life

一人になった時が、アーティストとしての真価が問われる時。だったら、やりたい音楽を片っ端から形にして、聴いてもらいたい。以来、多くのミュージシャンと出会い、自らの音楽を模索した。「安室奈美恵」の名前を出さずにアルバムも出した。「人気低迷」と言われても、気にしなかった。



トップはトップなりに苦労があるんだなぁ。

いつも感じるんだけど、

有名になりたいといってひたすら努力して、

いざ有名になると今度は一人でのんびりやりたいという。


一番いいポジションってどこなんだろうなぁ。 ♪〜(^.^)

 

TS-Zone: http://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/

タグ:安室奈美恵
posted by 谷飛沫 at 23:58 | Comment(0) | 音楽の話 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年09月07日

Vol.533 プレバトの俳句コーナーで作詞のお勉強

プレバトSPが録画に入ってたので見てました。

俳句のコーナーがおもしろい。



芸能人が作った俳句を

夏井いつき先生が添削していくんだけど、

いちいちうんうんと頷いてます。



古文の先生がこんな感じの授業で楽しかったなぁ。





2位の梅沢さんの句がこちら。


  絵日記の

  はみ出すほどに

  茄子の牛





いいなーと思った!



でも先生に言わせると、「ほどに」というのがもったいない。

音数合わせになっているとのこと。

たしかに。



この三音をどう使うか。

そこで茄子の牛の描写に使う。

例えば、黒々と大きな牛を表して「黒し」。


  絵日記を

  はみ出し

  茄子の牛黒し





あるいは「笑う」と擬人化。


  絵日記を

  はみ出し

  茄子の牛笑う




もっとよくなってきた!

おもしろい!




4位の勝俣さんの句がこちら。



  ふるさとが

  わが子育てよ

  せみのから




「せみのから」がちょっと間抜けな感じだなぁと思っていたら、

先生は「蝉の殻」と漢字にしたらよいとアドバイス。

これで一気に締まりました。




3位の中田喜子さんの句がこちら。


  びしょ濡れの子

  シャツの下より

  甲虫




「子」がいらないかな。

と思っていたら、ビンゴでした。

この句の場合、わざわざ字余りにする必要がないとのこと。




優勝したのはフジモン。


  マンモスの

  滅んだ理由

  ソーダ水




すばらしいですね!

フジモンって名人だったんだ!

先生曰く、「添削する必要がない。拍手喝采!」とのこと。






こういう限られた文字数で言葉を洗練する作業というのは

作詞の勉強になるかも。 ♪〜(^.^)




TS-Zone: http://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/



■関連記事
150603 「言いたいことを詰め過ぎてもダメ


posted by 谷飛沫 at 00:19 | Comment(0) | 音楽の話 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年09月05日

Vol.532 フリーダイビングというスポーツがあるみたい

片づけをしながら「グッと!スポーツ」を見ようと思っていたら、

あまりにすごい世界で、思わず見入ってしまった。


ゲストはフリーダイビングの福田朋夏さん。



2〜3メートルのサメと目が合ったとか笑いながら言ったりする規格外な人だ。

以前サメが襲ってきたときは、足で蹴飛ばしたそうだ(笑)



フリーダイビング、想像を絶するスポーツだな。

酸素ボンベなしで3分くらいで100メートルも潜るらしい。

ブラックアウトとかやばすぎる。



頭と心臓に血液が集まるブラッドシフトはとても気持ちがいいらしい。

脳が研ぎ澄まされていく。



福田朋夏さんは水中で3分も息を止められるのはすごいなと思っていたら、

地上なら最大で6分40秒も息を止められるらしい。





海の底は神の領域だ。

そこからエネルギーを地上に持ち帰り

人々に分け与えなさい。

それがフリーダイバーの使命だ。





いい言葉だな。


作曲にも通じるかも。 ♪〜(^.^)

 

TS-Zone: http://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/

posted by 谷飛沫 at 23:14 | Comment(0) | 音楽の話 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク