スポンサーリンク

2019年11月10日

Vol.610 久々に 作曲メモの整理をしよう

100均でリングメモ帳を買ってきたから、

作曲のアイディアとか気づいたこととかどんどん書き溜めていこう。


今まで、気づいたこととか手直ししたいこととか浮かんでも

適当なメモ用紙に書いたり、PCメモに書いたりしてたからバラバラになってた。

これをこのノートで時系列に一元化しようというわけだ。



作曲のメモ(1曲につき1枚、A4用紙で作っている作曲DB)も7か月分溜まってるからそろそろ整理しよう。





バインダーに制作中のメモが、b151〜b242で約90枚。

A4ボードに新規作りかけの曲が、b243〜b258で15枚。



新規作りかけの曲を全部バインダーに移すと100枚くらいになって

紙がめくりにくくなるから、

フラットファイルに移そう。


ちなみにb151は、150507だ。


フラットファイルはb001〜b150が保管されている。

この中から、もう完成してて手直しする予定のないものは

完成曲というタイトルのフラットファイルに別に入れている。

第5期の完成曲はすぐに参照できるように、透明の2穴ファイルに綴じている。

1曲目のb077(「晴れたらピクニック」)から順番に。



さらに検索しやすいように、PCメモに全曲リストアップして作成開始日時やタグをつけて管理している。


さて、b151から順番に、一個一個見て行って

完成させていこう。

 

あっ、ダイソーでお茶缶を買うのを忘れた! ♪〜(^.^)

 

<昨日やったこと>
・作曲(b258)


TS-Zone: https://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/


posted by 谷飛沫 at 23:56 | Comment(0) | 制作ノート | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年11月04日

Vol.609 ジャイアント馬場さんに学ぶ。「プロレスをしていて怖いと思った相手はいませんか?」

27時間テレビを見ていたら、秘蔵映像のコーナーで、

ジャイアント馬場さんが小学生を相手に熱く語っていた。



「プロレスをしていて怖いと思った相手はいませんか?」



「いつも怖いと思うよ。


だからね、怖いと思うとね、練習するでしょ。


自分がね、一番強いと思っていた時分にはね、

練習なんてあんまりしなかった。


そうするとね、やっぱり負けてしまうな。

負けるのが怖いからね、一生懸命練習するんですよ。



スポーツ選手でもね、こういう人がいるんですよ。

自分の得意な事ばっかり練習する人がいる。


練習っていうのは自分の不得意なものを練習するのが練習でね。


よく錯覚する人がいますよ。

自分の得意なものをね、一生懸命やってる。

もうほんとに夢中になってやってます。


ですから、ますますそういうものが得意になってくるのね。


でも自分の苦手なことは一向やらない。


でも練習っていうのは、その自分の苦手なことをやるのが練習でね」



「ありがとうございました!」


「はーい」




思いがけず、いい話が聞けた。


自分の苦手なことって何だろうな。


集中して練習してみよう。



負けたくない! 負けるのが怖いと思った時こそ飛躍するチャンス! ♪〜(^.^)

 

TS-Zone: https://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/



posted by 谷飛沫 at 23:46 | Comment(0) | 日記 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年11月01日

Vol.608 小説を書くときに使える無料ソフトを探してみた

小説を書くのになにかいいツールはないかなーと探してみた。

ちょっと調べたらザクザクと出てきたのでメモ。



・TeraPad
シンプル。
windowsの標準ソフト・メモ帳の超強化版。
挙動の軽さと、その割りには高機能。
ユーザー多数。拡張ツールが多い。



・ArtOfWords
小説を書くのに特化した無料ソフト。エディタツール。
プロットを作ることができる。
サブツールとして利用するのもアリ。
特に長編を書く方にはおすすめ。
小説を書くためのエディタであるぶん使いやすいが、印刷や他のファイル形式での保存ができない。



・Nola
ブラウザ上で起動できるツール。
パソコンでも、スマホでも、同じ作品を見て書くことができる。
主な機能は、『物語のテーマ設定』、『プロット(起承転結)の設定』、『世界観と人物の設定』の三つ。
『プロット(起承転結)の設定』では、ドラッグ&ドロップで出来事の順番を簡単に入れ替えることができため便利。

nolaに出会えてツイッターやっててよかったって思った!
書きながら設定考えちゃう人間なので(はじめに考えるのが面倒臭くて)修正が多くって困ってたけど、こうして管理できると楽しく設定考えられそう



・VerticalEditor
小説を書くのに特化したテキストエディタ。
「これ本当に無料?」と思うくらい機能が豊富。
縦書きができる



・Visual studio code
一番いいところがもっさりしていない(軽い)点。
有志の方が無料で提供してくれる拡張機能で、自分なりの最強カスタマイズができる。



・O's Editor2
文章を書きたい、それを印刷したいという人に向けて作られたのが、この『O's Editor2』というソフトです。

印刷のプレビューのような画面で執筆するので、書籍化を目指している人におすすめできます。

また、縦書き、横書きなどの書式をスタイルとして登録することで、簡単に切り替えることができます。執筆途中でもA4の横書きにしたり原稿用紙にしたりと、素早くスタイルを変更できるのも特徴です。

さらに、ページ数や文字数の最大値を決めることで、規定文字数に足りているのかどうかがすぐにチェックできます。小説の賞に応募したいという人にとっては、とても嬉しい機能です。




・Microsoft Word
プロの小説家が使う文書作成ソフトは、ズバリMicrosoft Wordだ。

なぜか。

理由は単純。Wordで作られたフォーマットが出版社から渡されるからだ。作家たちは、そのフォーマットを使って書く。

だから、プロ作家はMicrosoft Wordを利用して小説を書いている、という話。

どんなフォーマットかというと、文庫一ページ分の、縦長のフォーマットだ。小説家はそれを使って書いていく。

出版社によって違う可能性はあるが、少なくとも僕の本を出してもらった出版社では問答無用でWordだった。たぶんどこも似たりよったりだろう。



・Googleドキュメント
一動作ごとのリアルタイム保存。
アウトラインを作成できる。




とりあえず、「TeraPad」を使ってみようかな。

あと、「Nola」と「ArtOfWords」もおもしろそう。


それと、「Googleドキュメント」も使ってみよう。 ♪〜(^.^)




TS-Zone: https://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/





参考:
【2019最新】小説を書くことができる無料ソフト・アプリ・エディタ6選!【まとめ】
https://halocreatibity.com/2019/07/10/free-writing-tool/

小説を書くときに使える無料ソフトとアプリ、ツールまとめ!
https://sakka-no-mikata.jp/2018/11/18/character-setting-50/

小説を書くときにどんなソフト・アプリを使ってる? アンケートで聞いてみた(中編:PCで執筆するときは何を使う?その2)
http://tadeku.net/945

小説の執筆にプロットは必要か?役立つソフトやアプリも紹介
https://loohcs.jp/articles/249

プロの小説家が使う文書作成ソフトは何か
https://novelists-cards.com/?p=1214

小説を書くためのツール
https://ncode.syosetu.com/n7270l/18/

小説の執筆やプロット作成に便利な無料アプリ・ソフト・ツール7選 - ノマドクリエイターの執務室
https://xn--eckhu0e2b3a6i6dsh.net/novel-writing-and-plotting-assist-tools/

小説執筆ツール「Nola」の評判まとめ (レビューがたくさん)
https://togetter.com/li/1246478

スマホの「小説 書く」のアプリ
https://applinote.com/ios/book/%E5%B0%8F%E8%AA%AC/%E6%9B%B8%E3%81%8F/

Nola(公式サイト)
https://nola-novel.com/



posted by 谷飛沫 at 23:35 | Comment(0) | 日記 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク