スポンサーリンク

2020年02月09日

Vol.626 宮根さんがフリーになったきっかけが衝撃だった

溜まった録画を消化中。

今日見たのはダウンタウンなう。本音ではしご酒(160930 O.A)

ゲストはミヤネ屋の宮根さん。

ミヤネ屋は1、2回しか見たことがないけど、

宮根さんはいろんなところで見かけるので知ってた。



その宮根さんがフリーのアナウンサーになったきっかけが面白かった。

たかじんさんに後押しされたというのは知ってたけど、その詳細が想像以上だった。


たかじんさんが宮根さんを伴ってクラブで歌を歌っていると、

宮根さんが隣にいた女性に「指切れた」って言われて、

「うん」って言ったら、

たかじんさんは持っていたマイクをバーンって投げて、「俺が歌ってんのにどういうことや!」とぶち切れたらしい(笑)



宮根さんはグーで殴られ、

「表に出ろ!」って言われて

殴り返してやろうと腹を括って表に出たら、

「俺はお前のことを一番考えてるんや」って言われたそうだ。


で、二人で飲みに行こうって話になって、

二人でたかじんさんの家で飲んでたら

「お前フリーになりたいんか?」

「いや、考えてます」

「俺にまかせとけ」

「ありがとうございます」


2、3か月後に、朝日放送のお偉いさんから電話がかかってきて

「すぐ○○(というレストラン)に来てくれ」



そこに行ってみると、

たかじんさんと朝日放送の社長がいて

「こいつはフリーになりたがってるから、フリーにさせたってくれ!」


たかじんさんなら、ほんとにありそうな話だな(笑)


縁というのかな。

人が成功するときって、大物にぎゅって引き上げられる瞬間ってあるよね。




他にも為になる話があった。

宮根さんに「でももうあれなんですか? 漫才しないんですかっ?」て聞かれて、

松ちゃんが次のように答えてた。

「昔やっぱ劇場にいやがおうでも毎日出てたでしょう。そこで積み上げてネタってできてた。今その場がないので、いきなり僕が机に向かってネタ書いて浜田に伝えて演ってもたぶん面白くないと思う。なんかこう種になるような話があって、毎日お客さんの前で、だんだんネタが増えていって10分くらいになったらそこそこ面白いものができると思う」


いいこと言うわ松ちゃん。

作曲のヒントになったかも。

劇場に当たるのが何か。
ツイッターか、全然別のものか。

いきなり完成品を作ろうとしてもできないし、できたとしても時間がかかりすぎる。
それより出しながら作り上げていくほうがいいのかも。
そのためにはサウンドクラウドがいいかも。


「僕、台本も書かないんで・・・。2回くらい合わして、たとえば生放送でやって、まあウケるんで、天才ですよね」

なるほど、台本はないけど、劇場で練り上げていってたのか。

あっ、結局、ガキの使いでフリートークを時々やってるけど、あーいう感じでネタができていくのかな。



そういえば、先日読んだ本にも書いてあったな。

ZARAのオルテガの話。

いきなり完成品を出そうとせず、

市場に問いながら製品を作っていくって。



ツイッターとか見ててもちょくちょく未完成のを「今こんなの作ってます」って言ってあげてる人いるなぁ。ああいうの、続きが気になったりするよね。 ♪〜(^.^)

 

<昨日やったこと>
・左手で箸を持つ練習を始めた。



TS-Zone: https://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/



■関連記事
200207 「Vol.624 それがオルテガのやり方かぁ!


 
posted by 谷飛沫 at 14:42 | Comment(0) | 日記 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年02月08日

Vol.625 先週末、ホリエモンが36時間生中継をやっていた

ホリエモンが36時間生中継をやっていたのでちょっと見た。

(あとでゆっくり見ようと思ったけど、今見たら消えてた。まあいいや)


堀江貴文 密着36時間配信 in ホリエモン万博2020 節分まつり。


驚いたのはホリエモンが右手の人差し指でスマホを操作していたことだ。

いつも親指で操作していたからちょっと人差し指でやってみようと思った。


どうせなら左手の人差し指でやってみよう。右脳を活性化させやすいし。

常に爪を切っておけばギターも弾けやすい。


・・・と思って、親指と人差し指だけ爪を切ってみたけど、

ちょっとギター弾きにくいな。




最近は、レコーダーのリモコンもなるべく左手で操作するようにしている。


いざという時のために左手で箸も使えるようにしておきたいな。


今年の目標だ。



右脳も活性化できて一石二鳥。


右手をお手本にしてやってみたけどやけに難しい。

手がつりそうになる。

なんで右手はこんなに自由に動かせるんだ?!



ついでに、文字も左手で書けるようにしたい。

右手と左手で筆跡が違うなんて考えただけでもわくわくするよ。 ♪〜(^.^)

 

<今日やったこと>
・「忘却のサチコ」見終わった。

食べてるシーンで番組ができるなんて、松重豊さんかマイウーの石塚さんか高畑充希さんくらいだな。




TS-Zone: https://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/


 
タグ:堀江貴文
posted by 谷飛沫 at 23:59 | Comment(0) | 日記 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年02月07日

Vol.624 それがオルテガのやり方かぁ!

ビジネス書を読んでいたら、ためになることが書いてあったので抜き書きしてみよう。


 大金持ちになったジレットでしたが理想郷の建設を目指し挫折します。
 さらには世界恐慌や他の役員たちとの権力闘争、特許紛争の荒波の中で資産を失ってしまいました。
 1932年失意の中で他界。



替刃モデルで大成功した人でも満足のいくような人生じゃなかったんだなぁ。




 2006年発表のフュージョン5+1 はその刃の数を揶揄されながらも大いに売れ、かつ多くの特許に守られ高収益を謳歌しています。



偶然、私が愛用しているのもこのカミソリだ。

全く痛くない。



 「ホワイトクリスマスで有名なビング・クロスビーはCBSが生んだ大ヒット商品でした。
 あなたもきっと聞いたことあるよ。
 クロスビーはラジオでは従来の歌唱法が適さないことを見抜き、声を張り上げずなめらかに発声する歌唱法「クルーナー・スタイル」を確立しました。


「ホワイト・クリスマス、White Christmas」ビング・クロスビー、Bing Crosby



クルーナー・スタイルっていうのか。
覚えておこう。




 市場投入1週間で動きが悪ければそのアイテムは店頭から除き、追加注文もキャンセル。あとどんなに売れていても4週間以上は店頭に並べるな。

 繰り返し来店してもらうために「今買わないとなくなってしまう」感を出す。

 オルテガは新商品投入をたった2週間で実現するケイパビリティを構築します。特に時間がかかっていた企画・試作部分を内製化しました。流行を先読みせず、追うためにZARAは新商品投入スピードを20倍にあげました。結果ZARA愛好者は平均年に17回来店するといいます。



作曲でもヒントになるかも。

今まではせっかくきてくれた人ががっかりしないように、なるべく削除しなかったんだけど、そもそも来てくれる人があまりいないので、これからは期間限定でアップしてみようかな。 ♪〜(^.^)



TS-Zone: https://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/




 
タグ:Bing Crosby
posted by 谷飛沫 at 23:56 | Comment(0) | 音楽の話 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年02月06日

Vol.623 宇多田ヒカル仕事の流儀

もう一つあった。


プロフェッショナル 仕事の流儀 (180716 O.A)


「宇多田ヒカルスペシャル こうして歌は生まれる」


ロンドンの自宅の制作現場に侵入してる。

これは貴重だ。


「いろいろ弾いてみてこれと思ったらその感覚を手繰り寄せてというか、 (中略) 自分の中にあるけど触われないものを取り出すみたいな」


・・・あっ、曲作りの方法、結構似てるかも。



作曲しながら小説を読み出したぞ。

こういうのもおもしろいな。

感覚をなんとかして呼び起こそうとしている。




アルバム「初恋」(2018年6月27日 リリース)の制作現場かな。


流れとしては、パソコンで宇多田ヒカルがデモを一人で作って(このときにメロディーや仮の歌を入れておく)、

そのデモをもとに、外国人のバンドのメンバーに演奏させてレコーディング。

何度もレコーディングを重ねながら、英語で細かいニュアンスや曲のイメージを伝えていく。


そして詞を書いて(けっこう締め切りギリギリまで)、

そこに歌を入れていく、という感じかな。



“歌作りは探検。

やれることをやっても意味がなくて、

やってみてどうなるかわからないことややれるかどうかわかならいことを探検するような感じ。

冒険という意味では、ミュージシャンが同じ風景を見ようとしてくれるので

そこへの行き方のルートを一緒に考えてくれるような感じ。

自分じゃ絶対できなかった、自分だけでは行けなかったところにも行ける” と語る。




最近特に思うのが、チームっていいなってこと。

今まではなんでも自分一人でやろうと思ってたけど、

自分の得意分野を生かせる人が何人か集まって探検できたらいいなと思う。


そういう意味で、ツイッターとかも、仲間探ししていきたいな。

特に、自分ができないことができる人を探そう。

私と一緒に何かやりたいって人がいればフォローしてください。





宇多田ヒカルの子どものころの話も聞けた。

15歳で突然曲を作ったのかと思ってたけど、

8、9歳のころから作り始めてたんだなぁ。

音楽は宇多田さんにとって、想いを伝えられる救いとなっていた。 ♪〜(^.^)




TS-Zone: https://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/



■関連記事
160922 「宇多田ヒカルが6年ぶりに活動再開でSONGSに出演

160923 「宇多田ヒカルが8年ぶりにミュージックステーションに出演。作詞の話など。
 
200131 「Vol.619 宇多田ヒカルがマツコの番組のゲストに!

200201 「Vol.620 SONGSスペシャル 宇多田ヒカル

200203 「Vol.621 無地のノートをダイソーで見つけた!

200205 「Vol.622 宇多田ヒカル×小田和正


 
posted by 谷飛沫 at 00:06 | Comment(0) | 音楽の話 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年02月05日

Vol.622 宇多田ヒカル×小田和正

宇多田ヒカルの番組、他にないかなぁと思って探したらあった。
クリスマスの約束2016 (161224 O.A)

この15年前に一度、宇多田ヒカルにオファーしたのだが、スケジュールが合わなくて断られたそうだ。
なので今回は15年越しの共演が実現したというわけだ。


ゲストが宇多田ヒカルと聞いたときに、観客はみんな驚いた顔をしていた。サプライズゲストなのだろうか。


番組ではリハーサルの様子も映し出されていた。なかなかこういうの見れないよね。

「Automatic」をやってたけど、サビで小田和正さんがハモリで入ってきたら鳥肌立ったよ。

2曲目は「花束を君に」。

そして3曲目は小田和正さんの「たしかなこと」。


誰でもわかるような身近にある言葉を使って、日常的な風景の中に人の生きることとか人同士の関係性を描くっていうスタンスに作詞家として共感して一緒に歌いたいなと思ったそうだ。 ♪〜(^.^)



TS-Zone: https://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/



■関連記事
160922 「宇多田ヒカルが6年ぶりに活動再開でSONGSに出演

160923 「宇多田ヒカルが8年ぶりにミュージックステーションに出演。作詞の話など。
 
200131 「Vol.619 宇多田ヒカルがマツコの番組のゲストに!

200201 「Vol.620 SONGSスペシャル 宇多田ヒカル

200203 「Vol.621 無地のノートをダイソーで見つけた!



posted by 谷飛沫 at 00:43 | Comment(0) | 音楽の話 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク