スポンサーリンク

TOP音楽の話 >Y.M.O. 「増殖」
2013年10月16日

Y.M.O. 「増殖」

YMO の「増殖」というアルバムを聴いた。

コントの部分が邪魔だなぁと思って聴いていたら
「スネークマンショー」というらしい。

しかも、ライナーノーツを読んでいると
どうやらそっちがメインのアルバムだったようだ。

ラジオでコントをやってた「スネークマンショー」というグループが
解散するというので、ファンだった細野さんが残したいと考えて
YMO のアルバムでやった。

コントの合間に曲を入れていったというもの。

そういうコンセプトを知った上で
改めて聴いてみると、
コントが邪魔だとは思えなくなるから不思議だ。

なんせ、そちらがメインなのだから。




曲として印象に残ったのは、
10曲目の「MULTIPLIES」かな。

気付いたらこの曲ばかりリピートで聴いていた。


 ――「マルティプライズ」では、映画「荒野の七人」のイントロだとかいろんな引用などもあって、言ってみれば非常に表層的に、パッチワークで次々と曲を作ってますね。

細野  『ソリッド・ステイト・サヴァイバー』 のころとは、ずいぶん違いますね。あのころはわりと真面目だったというか、シリアスだったですから。

――ここでは、コントだけじゃなくて、音楽も徹底してふざけようということですね。

細野 それにもニュー・ウェイブの影響が強いと思いますね。開放感、なにか明るい気持ちなんですよ。音楽を作る喜びがあるわけです。それがなくなってしまうことに、非常に敏感なんです。それがなくなりそうな方向に行こうとするのを避けてきたと思うんですよね、YMOはずっと。それが避けられなくなって、歌謡路線のほうに行くわけですね。遊べなくなっちゃったんです。



え、ふざけてたのか(笑)

楽しんで作るっていう意味かな。


posted by 谷飛沫 at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の話 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク