スポンサーリンク

TOP音楽の話 >三味線の歴史
2014年01月18日

三味線の歴史

テレビで三味線の歴史をやっていたのでメモ。

16世紀ごろ、三味線が日本へ伝来。


三弦(さんしぇん、中国) →三線(さんしん、琉球) →三味線


三味線音楽はジャンルごとにそれぞれ発展した。



地唄三味線
 唄と箏とのアンサンブル
 しっとりした音色で高音部の演奏が得意。


義太夫三味線
 ルーツは人形浄瑠璃
 力強い音色で低音部の演奏が得意。


長唄三味線
 習いものとしても大人気
 打撃音が強く早い旋律が得意。


常磐津三味線
 歌舞伎と共に発展
 よく伸びる音色が特徴。

posted by 谷飛沫 at 17:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の話 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク