スポンサーリンク

TOPPC環境の話 >久々に弾き語りの環境が整った。
2014年06月22日

久々に弾き語りの環境が整った。

今日は弾き語りの環境を整えていました。

以前も使っていた超録をインストールして
さっそく録音を試してみたけど
どうにも音が小さい。

何回かやってるうちに、右側しか出てないって気づいて
端子をぐりぐりってやったらうまく出てきた。

それでも、まだ全体的に小さい。
フロントの端子やらUSBやらスピーカーや設定など
いろいろ試してみたけど解決には至らず。


Audacityでコンプをかけて
リバーブをかけたらまあまあな感じになったけど、

以前はもっと音量が最初から大きくて
ただWindows付属のエコーを2回ほどかけるだけでも
それなりに聴けたのになぁ。


しかも、モニターにスピーカーが付いてないから
外部スピーカーを付けてるんだけど
その都度ヘッドフォンと繋ぎ直さないといけないのが
はげしく面倒。
(なんで端子がいっぱいついてるのに、
同じのを使おうとするんだよ! 仲良くしろよ!)


でも、急に録音したい!って思いたったときに
すぐにできるようになったのはいいことだ。


せっかく録音ができるようになったから、
前からやってみたいと思っていた
積水ハウスを一緒に歌ってみた。


積水ハウスの歌 〜僕らの街バージョン(FULL)



作曲は小林亜星さん。

歌っているのはアルケミスト。
積水ハウスはいろいろな人のバージョンがあるけど、
アルケミストのが一番好き。

声に癒されます。


CMで流れてる頃からひそかに注目してて、
(昨年の2月ごろにツイートしてた)

他にどんな歌を歌っているんだろうと思って調べてみたら、
ボーカルのこんやしょうたろうさんの左手がないことを今知った。

アルケミストというグループのこと


あぁ。美声と引き換えに腕を。

そして、もう一つ驚いたことは、
ドラムがボイスパーカッションだったこと。
(彼はサポートメンバーだそうです)


20130302アルケミスト「積水ハウス」CMソング
https://www.youtube.com/watch?v=B4RFq9ZszhU

こういうライブやってたら見に行きたいなぁ。
たまたま通りかかったら絶対釘付けになる。


ちなみに、アルケミストの名前の由来は、
こんやしょうたろうさんの愛読書 『アルケミスト - 夢を旅した少年』 (パウロ・コエーリョ著)からだそうです。

読んでみたいな。

 
posted by 谷飛沫 at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC環境の話 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク