スポンサーリンク

TOP音楽の話 >空塗り3年、松10年
2014年10月26日

空塗り3年、松10年

銭湯絵師で有名な中島盛夫さんが以前おっしゃっていた。

「空塗り3年、松10年、富士山を極めるには一生かかる」と。。。



おそらく、「桃栗3年、柿8年」や

うなぎの「串打ち3年、裂き8年、焼き一生」を文字ったものだろう。


ところでこれ、作曲で言ったら何だろう?
ふと気になった。


中島さんの絵のある銭湯にでも行って
富士山を見ながら考えるとしよう。



ちなみに、桃栗3年、柿8年には続きがあって、

梅はすいすい13年、柚子は大バカ18年、林檎ニコニコ25年、女房の不作は60年、亭主の不作はこれまた一生...


まぁ、何事も愛情を持って厳しく、ね。

 
タグ:修行
posted by 谷飛沫 at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の話 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク