スポンサーリンク

TOP音楽の話 >リボルバー
2014年10月30日

リボルバー

今日はビートルズの 『リボルバー』 を聴いてました。

一番好きなのは5曲目の

「ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア (Here, There and Everywhere) 」


いい曲だなぁ。。。

んー、ネスカフェ♪


・・・って、あれ?!



実際のネスカフェの曲は、
ダイアナ・ロスの「マホガニーのテーマ」だそうで、


たしかによく似てる。




ちなみにポールはこの曲を、
ザ・ビーチ・ボーイズの「神のみぞ知る(God Only Knows)」に影響されて書いたそうだ。

ついでに聴いてみたけど、
うーん、どうなんでしょう。
あまりネスカフェっぽくない(笑)



個人的におもしろかったのは1曲目の「タックスマン」の歌詞。

“結局のところ みなさん方は
この私のために働いていらっしゃるわけですな
(税金取り)”


イギリスの重税を痛烈に皮肉ってます(笑)




13曲目の「ゴット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ (Got to Get You Into My Life) 」はもともとこのアルバムを知ったきっかけ。
その後、BOKUさんにコメントを頂いたりして。
ありがとうございました!^^

やっぱりアースの方が印象的だなぁ。
さらりと聴いているとそのまま気が付かないかも(笑)

でもあの曲の原曲だと思って聴くと感慨も一入です。



あと、ミスチルで好きな曲に「Tomorrow never knows」っていうのがあるけど、
14曲目に同名のタイトルがあったりして、ここから取ったのかなぁとか。

曲調は全く違うけど。


そういえばミスチルの「Tomorrow never knows」は昨日見ていた亀田音楽専門学校にも出てきて、
ファルセットを効果的に使った曲として紹介されていました。

これはシンクロニシティ?

 
posted by 谷飛沫 at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の話 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク