スポンサーリンク

TOP音楽の話 >「ドラクエ3」の表現における3つの工夫
2014年11月26日

「ドラクエ3」の表現における3つの工夫

昨日のブログで、すぎやまこういちさんの「ドラクエ3」には表現の工夫が3つあるって書いたけど、その詳細をまとめてみました。


1つめは分散和音。
ノイズを除くと3パートしかないので、サブメロディ・パートを使って
32分音符で「ドミソドミソ…」と素早く鳴らす。

「ドラクエ3」では、「ダンジョン」や「戦闘のテーマ」など。



2つめはメロディでの三角波の使用。
ファミコン音源での標準的な使用例では、矩形波をメロディとサブメロディ、三角波をベースに使用していたけど、「ドラクエ3」の「おおぞらをとぶ」や「アレフガルドにて」などでは、矩形波をサブメロディとベース、三角波をメロディに使用している。

この構成は、スーパーマリオの「クッパステージBGM」やゼルダの伝説の「地下BGM」、ドラクエの「広野を行く」でもみられる。

三角波は「ポー」という音が鳴り、高温では笛、低音ではホルンのようにも聞こえる。



3つめはプレイヤーの心情描写。
ドラクエ3の最後の敵、ゾーマとの戦闘曲「勇者の挑戦」は、勇者が最後の敵に立ち向かう勇敢な心情を描写している。

矩形波がメロディとベース、三角波がサブメロディとして使われており、特殊な構成となっている。



以上、簡単にまとめてみました。


矩形波とか三角波とかはあまりなじみのない言葉だけど、

スーファミの音楽ツクールかなでーるでは、
クケイハ、サインハ、ノコギリハ
というのがたくさんあって使ってた気がする。

当時はクケイハって何だろうって思ってた。


ノコギリハはバイオリンの代わりに使ってたかな。(うろ覚え)
ちなみに波形はノコギリの歯のような形。

サインハは正弦波のこと。


…と、ここで、
改めてMIDIのトーンマップを見てみたら、

81.Square Wave

82.Saw Wave



うぉぉー!!

これ、まさに矩形波とノコギリ波じゃないか!


知らずに使ってた・・・( ̄∇ ̄;)




スーファミと音色が全然違うから気が付かなかったよ。


81-9.Sign Lead

このあたりがサイン波かな。



じゃあ、三角波は?


詳しく書いてあるサイトを見つけました。興味のある方はどうぞ。
http://www3.tok2.com/home/purin/midi/kouza/square.htm





 
posted by 谷飛沫 at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の話 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク