スポンサーリンク

TOP日記 >言いたいことを詰め過ぎてもダメ
2015年06月03日

言いたいことを詰め過ぎてもダメ

女優を一斉査定! 俳句ランキング
という番組が勝手に録画されていたので見ていたら、

春の京都、清水寺の写真で一句――。

ということで、


岡本玲さんという方が、

「古都の葉は

    誰にも言わず

           桜色」



という作品を披露。

「古都の葉」が「言の葉」とかかっていたり
桜色の頬が誰にも言えない恋心を表したりしていておもしろそうなのだが、
結果は、54点で4位の凡人査定でした。




これを先生(俳人の夏井いつき先生)が添削。


桜という言葉が入ってるけど、

「桜色」だと、季語というよりは色の種類なので季節感がかすむ。



古都の葉=桜色

これだと春なのか秋なのか微妙。


この句は言いたいことが
たくさんあるのでどこか字余りにする。


というアドバイスをもとに
できたのがこちら。


「誰にも言わず

    古都の桜も

        言の葉も」



うぉ、すごい!!!

スッキリと生まれ変わった!!!



よくやってしまうけど、
言いたいことを詰め過ぎてもダメということかな。
作詞に生かそう。



また一歩、野望に近づいた。

 
タグ:俳句 作詞法
posted by 谷飛沫 at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク