スポンサーリンク

TOP音楽の話 >Jポップ・デジタル作曲法
2015年12月28日

Jポップ・デジタル作曲法

年の瀬でなにかと慌ただしいですね。

そんな中、昨日はクレオフーガのネット講座(gacco)を見てました。

「Jポップ・デジタル作曲法」というテーマです。
https://lms.gacco.org/courses/course-v1:gacco+ga048+2015_11/about


1週目は作曲の基礎、2週目はDAWの使い方、
3週目はミキシングで4週目はコーライティング。




すごいな、コンピングっていうのか。
複数のテイクをつなげて良いテイクが作れるらしい。

「めっちゃいい出来なんだけど、一ヵ所だけ惜しいところがあるなぁ」
ってことで今まで捨てていた大量のボツ音源が生き返るかも。

でも弾き語りとかだとテンポが全く同じじゃないからムリか。

あぁ、1番はこっちのテイクを使って、2番はこっちのテイクで、とかならできるかも。
ちょっとずるい気もするけどw


とか、いろいろ考えながら見てました。




講座は4週に渡ってやってたけど、特におもしろかったのがWeek3。
ミックスについて。

うまい人のミックスってなかなか見る機会がないので参考になりました。

特に、「3-4. ミックス講座1」のあたり。


「このように小さくしていって、最終的に残ったものが
この3点キット(ハイハット、スネア、バスドラ)の中で一番おっきいものになります。」


とか勉強になるなぁ。

これはミックスのコツかもしれない。



それにしても使いやすそうなソフトだなぁ、Studio One 3。
とくにEQが。

見てたら欲しくなってきた。





あと、Week4はコーライティングについて。

コーライトは3人でやるのが一番いい!などなど。

トップライナー(メロディーを作る人)とトラックメイカー(アレンジャーなど)、そしてプロデューサー的な人。

4人ならさらに作詞家が加わる感じ。

実際にやられてる人からのアドバイスはとても参考になります。




おおおっ、ほっちゃんさんが実例で紹介されてる!

と思って画面の前で喜んでたら

なんと、自分まで出てきてしまった。わわわわ・・

完全に油断してた。


コーライト、ウェウカムな人たちって感じで

Erosさんやらいぜんさんと一緒に紹介されてました(笑)

こういう講座を見てたら何かやりたくなってくるので
お気軽にお声をおかけください!(^o^)丿



とにかくそういうわけですばらしい講座でした。パチパチパチ!!

また時間のある時に見てみよう♪



ところで、講座を見ている間にツイッターを見たらaikoの話題をやってて、

その後、講座の中でaikoが紹介されてて、おおおってなって、

さらに見終わった後、定食屋さんに入った瞬間、aikoの曲が流れてきてマジか?!ってなった。


こういうことほんとよくあるよね。




というわけで、来年も一つ、
よろしくお願いいたします〜!

 
 
posted by 谷飛沫 at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の話 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク