スポンサーリンク

TOPクレオフーガの話題 >『クレオフーガラジオ』番組連動コンテストに応募してみた。
2016年02月15日

『クレオフーガラジオ』番組連動コンテストに応募してみた。

昨日言ってたクレオフーガのコンテストにさっそく応募してみました。

『クレオフーガラジオ』番組連動コンテスト
https://creofuga.net/contests/radio



約1年前の年末にクレオフーガのサウンドロゴ募集があって
 (詳しくはこちら→ クレオフーガが大幅リニューアル!
その時に作ったのはまだ公開してなかったので、それにボイス素材を足して出してみました。



CFジングル





せっかくなので、裏話的なことを。

ボイス素材をクレオフーガのサイトからDLして使うんだけど、
Audacityで加工してからSSWに入れて(どこに入れるかはかなり細かく調整できる)、
バランス調整して、ヘッドフォンやスピーカーからチェックしてOK・・・
ってことでミックスダウンへ。

出来上がったWAVファイルを聴いてみると
なぜかボイス素材の音量がやけに小さい。


手探りでやってたんだけど、よくわからなくて、
結局、Audacityでトラックを重ねたりして、最後の仕上げまでやってしまった。


完成した後に、9か月前のブログを読んだら解決策が書いてあった。
ブログって便利だな。



→ 「真夏の夜の方程式 feat.GUMI」リミックスコンテスト 
(2015年05月31日)


とりあえずクリップしないように気を付けてバランス調整してミックスダウンしてみたんだけど、
WAVのスナップショット取るの忘れてたから
WAVミキサーを閉じたらリセットされてた。
(MIDIと同じようにWAVもスナップショットが使える)


あと気付いたのが、
MIDIだとスピーカーの音量を下げても録音レベルは変わらないけど、
WAVデータの場合は録音レベルに影響するってこと。
ちなみにイヤホンで分波していると録音レベルも半減される。


あれ? スピーカーの音量とクリップの関係は?
WAVミキサーを下げたらクリップは防げるが、
スピーカーの音量は関係ないらしい。
(スピーカー音量を0にしてもクリップはする)
ということは、WAVミキサーでクリップを防いで
あとはスピーカーの音量をできるだけ上げて
少しでも音圧を稼いでおくってこと?

それかWAVミキサーのクリップは
WAVミキサー内しか見てないってだけかもしれない。
だとすると、WAVミキサーでクリップを防いで
さらにミックスダウンのレベルを見ながら
スピーカーを調節するしかない。
(多分ここでも上げすぎるとクリップしてしまうはず)




9か月前にやってたのにすっかり忘れてたよ。

たぶん、WAVミキサーのほうはクリッピングしない程度に上げて、
(ちなみに手元の素材だと、204でクリッピングしたけど203だとOKでした)
PCのキーボードについてるボリュームボタンはできるだけ大きくして
でもそれだと近所迷惑になるから
モニタースピーカーのボリュームはできるだけ下げて
って感じでやればいいのかな。


このあたり、ささらさんのときから
同じように悩んでる感じだ。

→ 初ささら
(2014年11月15日)



ブログを読み返すたびに何か発見があるなぁ。
後から見返しやすいように、使い方のポイントとかを
サイトにまとめていこうかな。

TS-Zone: http://ts-zone.jimdo.com/

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/


では、楽しい作曲ライフを ♪〜(^.^)

 
posted by 谷飛沫 at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | クレオフーガの話題 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク