スポンサーリンク

TOP音楽の話 >久々に村治佳織さん
2016年02月27日

久々に村治佳織さん

おお、久々に村治佳織さんを見た。

(2/7放送の題名のない音楽会)


お元気そうでよかった。。。




そういえば昨日たまたま、

OKMusicで、ひろりん♪さんの
アルハンブラの思い出 / フランシスコ・タレガ
をループでずっと聴いてたところだった。

シンクロニシティ。



題名のない音楽会では、
村治佳織さんと弟の村治奏一さんが共演されてました。

姉弟で爪の切り方が全然違うのがおもしろい。

佳織さんは右手の爪を伸ばして山切りに。柔らかめな音。

奏一さんは短めにスクエアに切ってエッジを利かす。

同じフレーズを弾き比べていたけど、まったく音色が違ってました。


ちなみに、佳織さんは紙やすりの2000番でごしごしこすって爪を整えるそうです。




タブレット奏法
ギターで、6弦を5弦の下に重ねて弾き小太鼓のような音を出す奏法。

ちょっとやってみたけどうまくいかなかった(笑)





あっ・・・「のだめカンタービレ」ってひょっとして、「〜のためのカンタービレ」から来てるのかな、もともとは。


N.パガニーニ作曲の 『ヴァイオリンとギターのためのカンタービレ』 を聴きながらそんなことを考えていたら、



ぎゃぼ〜〜! またしてもシンクロニシティ。

タイミングよく、のだめのニュースが入ってきた。



のだめカンタービレ:読み切りで5年半ぶり復活 のだめがアラサーに
http://mantan-web.jp/2016/02/25/20160224dog00m200043000c.html
2016年02月25日

 テレビドラマやテレビアニメ化された二ノ宮知子さんの人気マンガ「のだめカンタービレ」の新作読み切りが、25日発売のマンガ誌「Kiss」(講談社)4月号に掲載されている。連載終了から約5年半ぶりの新作で、本編の終了から約5年後が舞台となり、もうすぐ29歳で“アラサー”となった主人公・野田恵(通称・のだめ)が登場している。


5年後が舞台だそうです。

読んでみたい! ♪〜(^.^)


TS-Zone: http://ts-zone.jimdo.com/

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/


 
■関連記事
151101 「アルハンブラの思い出


 
posted by 谷飛沫 at 01:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の話 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク