スポンサーリンク

TOP音楽の話 >Rの法則 『ボカロ P』 を観た
2016年05月27日

Rの法則 『ボカロ P』 を観た

ツイッターで紹介されていたRの法則 『ボカロ P』 という動画を観た。




Rの法則 『ボカロ P』
https://www.youtube.com/watch?v=OarepjnPFjs






人気のあるボカロP 3人がゲストに。

・じん(自然の敵P)さん

・40mPさん

・家の裏でマンボウが死んでるPさん



ボカロには全然詳しくないので存じ上げなかったのだが、
10代を中心にかなりの人気を集めているらしい。

特に40mPさんは自分の曲を歌わせてくださいと言ってきた人と結婚までされたそうだ。


こういうのなんかほほえましい。

自分の音楽に一番理解のある人と結ばれてとにかく幸せそう〜。




マンボウPさんは

「聴くとヘコむんで聴かないです」 「準備して聴かないと心がやられてしまいます」とか言ってて

ホントならすごいと思った。



私だったら「いい曲に出会えたー!」って喜んでしまう。

(完全にリスナー目線w)




40mPさんは「シリョクケンサ」という歌が紹介されていた。

視力検査をお互いの心が見えない恋愛にたとえててうまいと思った。




じん(自然の敵P)さんいわく

「カチッと一つの言葉で二つの意味があるというのが決まるととても気持ちがいいことで、そういうのをうまくやられると悔しいなぁ」と。



これはわかるかも。

なぞかけのオチがうまくついたときのような気持ちよさがある。




40mPさんに「シリョクケンサ」が実体験かと訊ねると意外な答えが。



「これは実体験をもとにしてますか?」

「いや、妄想で」



妄想か。。。


主人公は誰だろうって考えて

この人はどんな恋をしてるんだろう?


って考えながら歌詞を書く。


物語を書いているような気持ちで書くそうだ。





そういえば今まで現実的な歌詞ばかり書いてたなぁ。


だから公開するのが恥ずかしくてほとんど出してなかったけど

妄想の歌詞に紛れ込ませて出したら

どれも妄想に見えていいかもしれない(笑)



そこに時々本当のことを入れたりして


嘘か誠かわからないようにしていこう。


妄想でいいって思ったら自由になんでも書けそうな気がしてきた〜。



一番大事なキーワードは「現実」よりも「共感」だな。





さて、「踊ってみた」というのが流行っているらしい。


人気の踊り手として、わたさんと足太ぺんたさんがスタジオにいらっしゃった。

わたさんは3年で動画47本、260万再生。


足太ぺんたさんは5年で動画128本、340万再生。


紹介VTR見たらすごい動きだった。




いつか自分が書いた曲で

歌ったり踊ったりしてもらえたら楽しいかも〜。 ♪〜(^.^)


 
TS-Zone: http://ts-zone.jimdo.com/

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/

 
posted by 谷飛沫 at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の話 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク