スポンサーリンク

TOP制作ノート >Vol.556 「ちはやふる」という映画が
2018年03月16日

Vol.556 「ちはやふる」という映画が

「ちはやふる」という映画が録画に入ってたので、作業をしながら早送りで流し見していたら、在原業平の歌が出てきて突然おもしろくなってきた。


  千早ぶる神世もきかず竜田川からくれなゐに水くくるとは

                        ――在原業平朝臣(17番)



競走馬に「カラクレナイ」っているが、百人一首からとってたのか。

倉木麻衣の歌でも「から紅〜に染まる渡月橋〜」ってあるから気になってた言葉だった。



唐紅を調べてみると、唐紅とは濃い紅色。紅色の美しさをほめていう場合が多いそうだ。

奈良の斑鳩にある竜田川で、紅葉が川一面を真っ赤にして流れていて、いにしえの神代でも聞いたことがないような美しさだというような意味。

紅葉の美しさを詠んだ歌だが、天皇の后への禁断の恋心が隠されていておもしろい。


(燃える想いが、激しい水の流れを真っ赤に染め上げてしまうほど

今でもあなたをお慕い申し上げております。)



参考:
ちょっと差がつく百人一首講座
http://www.ogurasansou.co.jp/site/hyakunin/017.html




百人一首や昔の古典から曲名を探すのもおもしろそう。


曲名を考えるのは難しいけど、
一つの曲に一つの曲名をいきなり決めるのではなく、
候補をどんどん考えていこう。

どんどん書き込めるようなシステムを作っておこう。 ♪〜(^.^)

 


<昨日やったこと>
・クレオ聴く ペット部門


TS-Zone: https://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/



■関連記事
170703 「Vol.516 2017年ミュージックデイ 第1部


 
posted by 谷飛沫 at 01:50 | Comment(0) | 制作ノート | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサーリンク