スポンサーリンク

TOP音楽の話 >Vol.624 それがオルテガのやり方かぁ!
2020年02月07日

Vol.624 それがオルテガのやり方かぁ!

ビジネス書を読んでいたら、ためになることが書いてあったので抜き書きしてみよう。


 大金持ちになったジレットでしたが理想郷の建設を目指し挫折します。
 さらには世界恐慌や他の役員たちとの権力闘争、特許紛争の荒波の中で資産を失ってしまいました。
 1932年失意の中で他界。



替刃モデルで大成功した人でも満足のいくような人生じゃなかったんだなぁ。




 2006年発表のフュージョン5+1 はその刃の数を揶揄されながらも大いに売れ、かつ多くの特許に守られ高収益を謳歌しています。



偶然、私が愛用しているのもこのカミソリだ。

全く痛くない。



 「ホワイトクリスマスで有名なビング・クロスビーはCBSが生んだ大ヒット商品でした。
 あなたもきっと聞いたことあるよ。
 クロスビーはラジオでは従来の歌唱法が適さないことを見抜き、声を張り上げずなめらかに発声する歌唱法「クルーナー・スタイル」を確立しました。


「ホワイト・クリスマス、White Christmas」ビング・クロスビー、Bing Crosby



クルーナー・スタイルっていうのか。
覚えておこう。




 市場投入1週間で動きが悪ければそのアイテムは店頭から除き、追加注文もキャンセル。あとどんなに売れていても4週間以上は店頭に並べるな。

 繰り返し来店してもらうために「今買わないとなくなってしまう」感を出す。

 オルテガは新商品投入をたった2週間で実現するケイパビリティを構築します。特に時間がかかっていた企画・試作部分を内製化しました。流行を先読みせず、追うためにZARAは新商品投入スピードを20倍にあげました。結果ZARA愛好者は平均年に17回来店するといいます。



作曲でもヒントになるかも。

今まではせっかくきてくれた人ががっかりしないように、なるべく削除しなかったんだけど、そもそも来てくれる人があまりいないので、これからは期間限定でアップしてみようかな。 ♪〜(^.^)



TS-Zone: https://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/




 
タグ:Bing Crosby
posted by 谷飛沫 at 23:56 | Comment(0) | 音楽の話 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサーリンク