スポンサーリンク

TOP音楽の話 >Vol.724 題名のない音楽会で坂本龍一さんの追悼番組。坂本龍一さんが作曲を志したときの話
2023年05月21日

Vol.724 題名のない音楽会で坂本龍一さんの追悼番組。坂本龍一さんが作曲を志したときの話

題名のない音楽会で坂本龍一さんの追悼番組をやってました。



その中で司会の黛さんとのやりとりが紹介されてました。
(1984年8月26日 放送)

――あなたは東京芸大の作曲家という、まあ作曲家としてはね、一番オーソドックスな道をたどったわけだけど、

もともと若い時から作曲を志していたわけですか?

坂本(当時32歳) 「いや、全然志していないわけで、あのー、とりあえず他に行く大学がなかったという消極的な理由なんですけど」


――なるほど。でも、あれでしょ。音楽の勉強は若い頃からやってたんでしょ?

坂本 「11歳のときからです」


――あそう。最初はやはりこうピアノから入ったわけ? それとも作曲から入った?

坂本 「あ、ピアノから入った」


――ピアノから入って。作曲に興味を持ったってのはどういうこと?




ちょっと時間が無いので続きはまた後で。
今からオークスを見よう ♪〜(^.^)

 


YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCfreyGeujcpQpg42LSwSJzQ
(チャンネル登録ありがとうございます!)
TS-Zone: https://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/



■関連記事
230514 「Vol.723 題名のない音楽会 放送2800回A巨匠・坂本龍一からの伝達


 

posted by 谷飛沫 at 14:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の話 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク