スポンサーリンク

Vol.589 うまDOKIのテーマ曲、カーリー・レイ・ジェプセン。

ここ最近、1、2年くらい競馬を毎週見ている。

土曜の競馬番組「うまDOKI」という番組があるのだが、

そのオープニングテーマ曲がすごくいいのだ。


CMに入るときのジングルでも使われている。


ずっと流れるたびにいいなと思ってて、

Shazamをかけてみた。




カーリー・レイ・ジェプセンの「ドライブ」という曲。


Carly Rae Jepsen - Drive
https://soundcloud.com/interscope/carly-rae-jepsen-drive-886574







まさにこれだ!

大好きな曲なので、聴いてみてほしい。



Oooh I don't care about my lipstick
I just wanna drive you to love love love love

Chasin' the sun don't wanna miss it
I just wanna drive you to love love love...




このテーマ曲、ずっと変わらないでほしいな〜。



カーリー・レイ・ジェプセンは1985年生まれのカナダ人。

7歳から音楽家を目指し、ギターの弾き語りなどをして表現力を磨いていたそうだ。

たまたま、現代を代表するポップ・アイコンであるジャスティン・ビーバーが「コール・ミー・メイビー」をドライブ中に聴いて

その魅力に一瞬にしてトリコになり、「僕が今まで聴いたなかで最も心を奪われた曲」とツイート。

大ヒットにつながったらしい。



ジャスティン・ビーバーって

ピコ太郎も発掘してたなぁ。

ジャスティン・ビーバー自体をあまりよく知らないんだけど、

すごい人なんだなぁ。思ったより若い。まだ25歳。


Twitterのフォロワーは1億人もいるらしい。







この曲は27歳頃、2012年リリースのの2ndアルバム「Kiss」に収録されている。




うーっ、あぃどけあばまぃ りっぷすてぃ
あぃじゃわな どらいびゅー らーらーらー ♪〜(^.^)

 

<昨日やったこと>
・作曲(b239のつづき)


TS-Zone: https://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/


posted by 谷飛沫 at 01:50 | Comment(0) | 音楽の話 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年03月14日

Vol.587 OKMusicが明日でサービス終了

OKMusicが3/15に終了(実質3/14に終了)するので
450件以上あった未読の通知メールをこの1か月で全部読んで
全ての曲を聴かせていただきました。

ほんとにOKMusic無くなるのかな?
消えてしまうのかな?

もったいないなぁという曲もたくさんありました。
OKMusicは好きなところにコメントやスタンプを入れたりできるから(「コメントファウンテン」)、
みんなで作り上げるという印象も大きかったです。

それと一気にたくさん聴いて思ったのは、
同じ曲でも聴くときの心境によって全く印象が違うということ。

みんな紹介文がうまい。
紹介文に共感できたら曲も一気に身近に感じられて
胸に迫ってくるのだ。

一度目聴いたときには、何も感じなかったのに
二度目に聴いたときは、心境とピッタリ一致して涙があふれ出てくるということも。

詩の力というのはあらためてすごいと感じさせられた。



OKMusicにはプレイリスト機能というのもあって
自分の曲をまとめている人も多かったので
なるほど、おもしろそうだと思ってやってみました。


OKMusicにアルバム機能があったから作ってみた。(今頃 
https://creators.okmusic.jp/#!/playlists/151735


これでアルバムとして通して聴けるようになります。
(明日までだけどw)


ちなみにこれが出来ないと思ってたから
今までSoundCloudにもプレイリストを作るためにアップしてました。



さて、初期のころから順番に出していこうという試みでしたが、
突然のサービス終了により、第1期の途中で終わってしまった。

思ったより大変だった。
そもそも紹介文を書くのも苦手だし、
出したら出したで反応も気になるし。


そもそものきっかけは、
いっちゃさんのなんていう曲かは忘れたけど、
OKMの紹介文を読んでて昔の曲を出すのもおもしろいかも・・・って思い始めて、


最終的に、出そうと思ったきっかけは、
友人が病気になってしまったので
ちょっとでも元気づけることができたらいいなという思いから。


あと、人の生死は儚いものだから生きてる間にネット上に曲を残しておきたいなという思いもずっとありました。
OKMusicはそのときすでにだいぶさびれてて
楽曲置き場としてはちょうどいいかなと思ったのだ。(結果的に、さびれてたからサービス終了で全部消えてしまうということになってしまったが)


それでも、たくさんのコメントやレビューがいただけたので
出してよかったと思います。


これからどうしよう。
迷ってます。
第1期の途中から(OKMの続きを)他のところに出すか、
それとも第1期はもうやめて
第2期に移るか。


楽曲を全部預けて、それを一番いいタイミングで勝手にアップしてくれるサービスがあればいいのに。。。 ♪〜(^.^)

 

<昨日やったこと>
・小説を書きはじめた。



TS-Zone: https://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/



■関連記事
190216 「Vol.586 OKMusicがサービス終了

 
posted by 谷飛沫 at 02:15 | Comment(0) | 音楽の話 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年02月16日

Vol.586 OKMusicがサービス終了

OKMusicが3/15でサービス終了か。3か月前に投稿した最後の曲(※註1)が再生数20しかなかったから、利用してる人ほとんどいないんだろうなとは思ってたけど。さびしいね。 #OKMusic


※註1 「シッダルタ」 https://creators.okmusic.jp/#!/works/88164



ちなみに、7年前に一番最初に投稿した「brisk walking」は再生数1965あるから、あの頃の100分の1になってる。 https://creators.okmusic.jp/#!/works/6874 #OKMusic


再生数1965でも当時は最高位40位だからなぁ。


今は、再生数20でも最高位24位(笑)




あまりに聴いてる人が少ないから、アップする手も止まってしまった。




SoundCloudが無くなるみたい話はあったけど、

OKMが先に終了してしまった。


曲の中で、ここぞというポイントでコメント付けたりできるのは楽しかったけどね。





これで、クレオフーガまで無くなったらいよいよさびしいな。




プレバトの夏井いつき先生みたいな人が作曲界にもいればいいのに。


お題に合ったいい曲が出来たら1つ昇段!とか・・・

このコードをちょっと変えるだけでぐっと良くなって才能ありだったのにとか・・・

考えただけで楽しくなる。 ♪〜(^.^)

 

TS-Zone: https://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/




posted by 谷飛沫 at 19:46 | Comment(0) | 音楽の話 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年02月02日

Vol.585 いろいろな天城越え

2018年末の紅白歌合戦を見終えたのでちらほらと紅白ネタを。

紅組のトリは石川さゆりさんで天城越え。

布袋さんとのコラボが印象的でした!!



天城越えといえば石川さゆりさんだけど、

他にもいろんな人が天城越えを歌ってる。


天城越え 小柳ルミ子
https://www.youtube.com/watch?v=SkATviPHnOY

迫力満点!


天城越え 都はるみ
https://www.youtube.com/watch?v=zc5b96HJxd0

五木ひろし 天城越え
https://www.youtube.com/watch?v=uW2oJfR9V9o

すばらしい歌声。

キーBmで歌い出しBから始まるのを五木さんはDから(+3)でピッタリ!
最高音はF。



天城越え 石川さゆり
https://www.youtube.com/watch?v=yvc0LadtZUk


こちらは本家。



天城越え 弦哲也
https://www.youtube.com/watch?v=fhpxSAGMszY

作曲者弦哲也さんとのコラボもありました。




それにしてもすごい歌詞だなぁ。

こういう詞はなかなか書けない。


作詞は吉岡治さん。


1953年に詩人のサトウハチローの門を叩き、弟子となり、作詞家としてのデビューは『鳩笛ならそか』(1956年)だそうです。


作詞した主な楽曲を見ると、

大川栄策『さざんかの宿』や都はるみ『大阪しぐれ』などの作詞も吉岡治さん。


まさに昭和の偉人ですな ♪〜(^.^)

 



TS-Zone: https://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/


 
posted by 谷飛沫 at 23:34 | Comment(0) | 音楽の話 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年12月03日

Vol.581 M-1グランプリ 2018 優勝は霜降り明星

M-1グランプリ 2018が行われました。

毎年楽しみにしています。


今回も点数を付けながら観戦しました。^^

参考までに松ちゃんの点数と7人の審査員による合計得点も一緒に載せておきます。



1. 見取り図 (60 83 606)

2. スーパーマラドーナ (89 85 617)

松本「M-1ラストイヤー。サイコが強すぎて、最後にやるネタじゃなかった」

3. かまいたち (90 90 636)

4. ジャルジャル (92 92 648

「ドネシア」と「ゼンチン」が耳に残るネタ。1か月ほど前に見たことがあったので新鮮味はなかったけどやっぱりおもしろい。

5. ギャロップ (80 86 614)

松本「林君かな。言うほどハゲてないからね」とコメントしてたところがおもしろかった。

6. ゆにばーす (74 80 594)

7. ミキ (86 88 638)

8. トム・ブラウン (63 91 633)

9. 霜降り明星 (91 94 662

10 和牛 (85 93 656

和牛は昨年のネタの方がおもしろかったかな。




ジャルジャル、和牛、霜降り明星の3組が決勝に進みました。



1. ジャルジャル 92 [富沢、松本、上沼] 3票

これも以前見たネタだったけど、やっぱりおもしろい。
でも、ジャルジャルも昨年の方がおもしろかったかな。
昨年のジャルジャルはおもしろすぎて100点満点でした。

2. 和牛 85

うまいんだけど、親をだますとかいう設定はあまり笑えないかな。

3. 霜降り明星 95  [巨人、礼二、ナイツ塙、志らく] 4票


優勝は霜降り明星。おめでとう〜!!

今回の中ではずば抜けてたかな。
最初に4票、連続で入ったからひょっとして満場一致で優勝かと思った。




ちなみにこれはM-1の出囃子の曲です。


Fatboy Slimの『Because We Can』





もともとは、『ムーラン・ルージュ』というミュージカル映画の曲だそうです。


Yes we can, can, can, can
Can, can, can, can, can〜 ♪〜(^.^)

 


TS-Zone: https://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/


 
posted by 谷飛沫 at 03:14 | Comment(0) | 音楽の話 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク