2020年02月25日

Vol.635 サッカーの中澤選手から学んだこと

グッスポを見ていたら、サッカーの中澤佑二選手とレスリングの吉田沙保里選手がサッカーの的当てゲームで対戦していた。

吉田選手がスタートダッシュを決めて終始リードを保つ展開。

最後、中澤選手が右上にある小さな的に当てたら200点ゲットで逆転勝ちという場面。

ここで中澤選手は、スタッフに細かいルールを尋ね始めた。「ポールに当たったらダメ?」 「かすったらOK?」 「少しでもかすったらOK?」

最初は、男ならかするなんて言わずにズバッと真ん中に当てろよ!と思っていたけど、
念入りに聞いているのを見てさすがだなと思わずうなった。

かすってもOKという確認が取れたら、よーしよーし!ともう勝った気分でいる中澤選手。

ドキドキしながら見つめていると、惜しくも外れたか、いや、ほんのわずかかすったかのようにも見えた。中澤選手は当たったと喜んでいる。そこでビデオ判定。たしかにほんのわずかかすっている!

さすがプロだな。すごいものが見れた。

と、同時に事前に念入りに確認していたのが強烈に効いていると感じた。

私が同じ場面にいたら、事前にこんなに細かくは聞けないだろうな。かすったらどうなんだろう、とちょっと思いながらも、なんかカッコ悪くて聞けない、みたいなところがある。

それにサッカーに関しては素人の吉田選手に勝ったと言って喜ぶのも大人気ない気がして。

そしていざ蹴ってみたらほんの少しかすって、「かすっただけだからダメです」って言われて負け。

当たったかのように見えたのに・・・。


こういう思いをしないためにも根回しをしていたんだろうな。

中澤選手は、逆転勝ちの感動を見事に演出したのだ。結果は視聴者が望む一番カッコイイ勝ち方となった。

根回しは大事。全く同じなのに結果が全く違うというお話でした。 ♪〜(^.^)

 

<昨日やったこと>
・作曲(b265) 元気が出るような曲を作り始めた。


YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCfreyGeujcpQpg42LSwSJzQ

TS-Zone: https://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/



posted by 谷飛沫 at 01:08 | Comment(0) | 日記 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年02月20日

Vol.634 ミュージックフェア 作詞家 阿久悠特集 (171125 O.A)

作詞家・阿久悠さん。

阿久さんはアイドルソングから演歌まで幅広い作風で知られている。中でも時代のムードを敏感に感じ取り、その時代ならではの男女を描いて、共感を呼んできた。


「歌というのは、歌自体が時代を餌にして食べながら世に出て肥え太っていくのが一番大事なもの。僕は歌と時代との関係に一番こだわった作家だと思う」



阿久さんと言えば、好きな曲がたくさんあって選ぶのに困るけど、

中でも好きなのはこの曲。「津軽海峡・冬景色」(作曲:三木たかし)


津軽海峡・冬景色 石川さゆり(当時19歳)



♪ 上野発の夜行列車 おりた時から〜


詞も曲も歌声も大好き。


(ちなみに三木たかしさんはこれまた大好きな「つぐない」(作詞:荒木とよひさ)という歌を作られた作曲家でもあります)




阿久さんはどんな思いで作詞されていたのか。

「僕が一番書きたいものを書こう。明らかに世の中そっちの方向に向いてないんだけど、こっち向いてくれればいいなっていう思いで書きますよね。どうしても詞で響かせる歌が欲しいという制作者。そういうものが歌いたいと言う歌手がいれば僕は全霊を注ぎ込んで書きますよね」



自分が書きたいものを書くのか、それともみんなが聞きたいと思うものを書くのか、作詞や作曲をする上でなんか永遠のテーマのような気がする。


自分の書きたいものを書くよりみんなが聞きたいと思うものを書いたほうがいいのかなぁ・・・と最近思っていたところなので

この阿久さんの言葉は考えさせられる。



まあでも、一つ言えるのは、阿久さんのように売れっ子になったら書きたいものが書けるということ。

売れてもないのに自分が書きたいものだけを書いててもいつまで経っても誰にも見向きもされないかもね。

それ以前に発信しなければ存在すら認められない。




5000曲もの詞を書いてきた阿久さんが自分自身で最も気に入っている歌が「ジョニィへの伝言」(作曲:都倉俊一)だそうだ。

自分の好きなもの、好きな風景、好きな人間像、好きな物語みたいなのがこの中に盛り込められたという意味では1番か2番かというくらい好きな曲だとおっしゃっていた。




ちなみにこの曲はmさんの投稿で初めて知った。

ジョニィへの伝言 ボサノヴァバージョン | m
https://creofuga.net/audios/46507




いやぁ。素晴らしいアレンジ。


そしてmさんを通して、阿久悠さんが大好きだという作詞家のかずまさんとも知り合うことができた。

いろいろと縁というかつながりを感じる。 ♪〜(^.^)

 


TS-Zone: https://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/



■関連記事
170827 「Vol.530 阿久悠さんの物語

170830 「Vol.531 人間の幸せとは、人から必要とされること
 


posted by 谷飛沫 at 22:29 | Comment(0) | 音楽の話 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年02月19日

Vol.633 菅野よう子さんといえば




初代三国志 曹操で遊んでみた ファミコン シュミレーション


Twitterに書いた耳に残るフレーズは、この戦闘シーンの曲。






Twitterで菅野よう子さんの曲についてつぶやいたら興味を持ってくれた人がいたので

カンブリア宮殿のBGMについてちょっと調べてみた。



・カンブリア宮殿のオープニング曲/前提供/告知/主題歌
アーティスト:エアロスミス
曲:「SWEET EMOTION」

こんな曲流れてたっけ?



・カンブリア宮殿のテーマ曲/ダイジェスト/予告
アーティスト:JOE SATRIANI
曲:「CROWD CHANT」



これがツイッターで書いてた光栄の初代三国志のBGMに似てる曲。(2:30あたりから)



初代三国志オリジナルBGM集+α
https://www.nicovideo.jp/watch/sm1805882


見つけた・・・。

5:20あたりから。





・カンブリア宮殿のエンディング曲
アーティスト:LAZARO VALDEZ(ラザロ・ヴァルデス)
曲:「QUE SOLAS CON EL DIAKK」




あれ、エンディングってこんな曲だっけ。あまり印象に残ってないな。

 


あと菅野よう子さんといえば膨大なCM曲の数々。

小林亜星さんとどっちが多いんだろう?



 

【作業用BGM】初代三国志、三国志2、三国志3、三国志4、三国志5サウンドトラック全部入り【光栄】


こんなのも見つけた。すごいね。


三国志5は服部隆之さんで、これもよかったなぁ。 ♪〜(^.^)



TS-Zone: https://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/



posted by 谷飛沫 at 23:59 | Comment(0) | 音楽の話 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年02月17日

Vol.632 ディグラム天職診断をやってみた。

ほとんどの人がなんとなく今の仕事を選んでいる。

そして、自分に合っているのだろうかと思いながら、なんとなく続けている。


小さいころからやりたいことが明確に決まってて、そのために努力してきた人や

途中で人生を変えるような大きなできごとがあり一念発起した人をのぞいては。



ディグラム天職診断という本を見つけたのでやってみよう。


20個の質問に答えていくと、性格や天職がわかるというやつだ。


さっそくやってみた。

その結果をグラフにして、


一番近い形のグラフを選んでそのページを読む。


結果は、


「みんなのオアシス <NPトップ型>」


心が優しく献身的。母性あふれる、なごみ系。


と出た。



旅行が大好きなタイプって書いてあった。


当たってるかも。旅行大好き♪


 行動力がないので、新しいプランを起こしたり、革新的なことにチャレンジしたりするのが苦手。優しいため、競争にも弱いでしょう。


たしかに行動力がない。新しいアイディアはどんどん思い浮かぶが、それに取り掛かるまでにかなりの時間を要する。

ホリエモンの行動力を見習いたいところだ。

争いも嫌いな方だ。勝ってしまうと気まずくなってしまうので、わざと(?)負けることも多い。

ついつい本気を出して大勝ちしてしまい、気まずくなったことが、一度や二度ではない。



 人のケアをしたり、人に喜ばれるのが好きなため、一番合っているのはサポート役。がんばっている人を支えることで真価を発揮でき、 (中略) そこで職場選びよりも、自分が尽くしたいと思える上司や先輩に巡り合えるかどうかが大切。


いや、まさにその通りだな。

なかなか鋭いな。



 そういう相手に恵まれれば、重宝される人材となれるでしょう。

 また、人に何かを教えたりするのも上手。


たしかに、人にものを教えるのは上手な方だと思う。



 あまり向かないのは新規開拓営業のような、勇気と競争意識が必要な仕事。成績重視で相手の気持ちを汲まずにがつがつセールスするのも苦手です。



たしかに、こういう仕事は向いてないと思う。

逆に言えば、こういうのが得意な人と組めばいいということだな。



向いてる仕事は、介護士/ホームヘルパー、教育・研修トレーナー、ルート営業、プロダクトデザイナー、弁護士、ウェディングプランナー。



 もともと感受性が強いうえ、いつもさまざまな好奇心のアンテナを張っているNPトップ型は、クリエイティブな仕事にも向いています。自分の興味も生かして、質の高いものづくりができるでしょう。

 何より人のために献身的に尽くすことが信条のNPトップ型には、弁護士の仕事も合っています。柔軟に考えて行動できる点もメリット。ロジカルに厳しく相手を追い詰める敏腕エリート弁護士というよりは、情深く依頼人に寄り添い、話をよく聞いて弁護する “人情派弁護士” 的なスタンスが似合っています。

 NPトップ型は、人の “幸せ話” が大好き。人のハッピーなエピソードから、自分も幸せを感じられるタイプです。そんな、人の喜びの瞬間をお手伝いできるウェディングプランナーやブライダルコーディネーターの仕事もまた、NPトップ型の適職といえます。「人に喜んでほしい」という欲求が強いので、親身になって新郎新婦の希望をくみ取り、そのすぐれたセンスで、素晴らしい結婚式を作り上げられるでしょう。




こういう診断テスト、おもしろいね。

けっこう当たってる気がするし。


みんなも一度やってみては? ♪〜(^.^)

 


TS-Zone: https://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/




 
タグ:性格診断
posted by 谷飛沫 at 23:55 | Comment(0) | 日記 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年02月16日

Vol.631 最近、ブログがよく続いている

最近、ブログがよく続いている。

だいたい毎日か、1日おきくらいのペース。

とりあえず、これくらいのペースで続けていければいいな。



書きたいことは山ほどあるけど、

書く時間がなかなかないという感じ。


気軽にツイッターに書いてるからそれをもとに

もっと膨らませて記事にすることもある。


でも、書くのはすぐ書けるけど、推敲にやたらと時間がかかるのだ。

ブログを書いてる人はわかると思うけど、ウソ!ってほど時間が過ぎていく。




あっ、そうだ。ツイッターと言えば、

misonoさんご本人からいいね来てた。おもしろい。読んでくれる人がいると楽しいね。







ところで最近、ブログが続いているのは、

友人のyusukeさんが最近頑張ってブログを更新されてるので

それに刺激されてるのもあるかもしれない。


人が頑張ってるのを見るとけっこう刺激を受ける方だ。

ひとりで生きているようでいて、けっこう生かされていると感じる。



最近は、YouTubeも始められたようだ。

過去曲170曲を全部、毎日アップするという気が遠くなるような企画にチャレンジしようとしている。


見てたら私も何かやりたくなってきた。


とりあえず、チャンネル登録をして

こっそりコメントもつけておいた。

名前が違うから気づいてるかどうかわからないけど(笑)



yusukeさんのチャンネルはこちら
https://www.youtube.com/channel/UCgNNkvrygGW4yoxevFYVWww



明日もがんばろう。 ♪〜(^.^)

 

<昨日考えたこと>
・YouTubeのチャンネル登録者数が倍になるたびに曲をアップしていこうかな。今2人だから次は2人増えて4人になったらアップする。2人→4人も13万→26万も難しさは変わらない気がする。でも20曲アップするのに200万人も集めないといけないのかw


チャンネル登録はこちら
→ https://www.youtube.com/channel/UCfreyGeujcpQpg42LSwSJzQ



TS-Zone: https://ts-zone.jimdo.com/

楽曲倉庫

たにわさび: http://taniwasabi.seesaa.net/



■関連記事
170722 「Vol.523 ツイッターのフォロワー数が500に!

あれ・・・「雨空」って曲が「曇り空」になってる。いま気づいた。

 
posted by 谷飛沫 at 23:59 | Comment(0) | 音楽の話 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク